忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

オカルト儀式と幽霊と

吉里吉里製・ノベル(コミックゲーム)・現代学園もの・ミステリー・
短編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類(真ED1種類)

生徒会がオカルト部の調査をするという内容です。
都合上ここではノベルカテゴリにしていますが、漫画を読むことでストーリーが進むので、正確な表現は「コミックゲーム」です。

オカルト要素とミステリー要素が存在する作品なので、この2つのうちのどちらが正しいのか考えることが楽しかったです。
また、ギャグも挟まれていて、軽い気分でプレイすることができました。

キーボードによって文字入力をする場面が1ケ所あり、正しい単語を入れるとトゥルーエンドとなります。
わかりやすいコマがあったため、答えに気付くことができました。1周目で間違えたとしても、1度エンディングを迎えるとヒントが表示されるので、それを参考にするとクリアが可能だと思います。
正解となる単語は複数あります。入力した単語によって直後の台詞が少し変化し、いろいろなパターンを試したくなりました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

IQuest

WOLF RPGエディター製・クイズ・ファンタジー・短編・難易度普通・ED1種類

タイトルの読みは「アイキュエスト」です。
記憶喪失の少年が、偶然出会った仲間たちと共に行動しながら、自分のことを思い出そうとするという内容です。
登場人物は全員ケモノなので、ケモナーの方へおすすめです。

ストーリーは、仲間との協力に関することが強調されていたように思います。
終盤は熱い展開でした。

特にすごいと感じたものは、アニメーションです。キャラクターがかなり動きます。
さらに主人公の場合はパターンが多いので、何度見ても飽きませんでした。
途中から気付いたのですが、タイトル画面も変化のあるものでした。

また、このゲームには、味方が主人公の手助けをしてくれる「アシスト」というシステムがあります(作中で説明が出てきます)。
クイズが難しい場合に役立つものでした。「アシスト」に頼らないことも選べますが、味方キャラクターのアニメーションが見られるため、使用した方が楽しめると思います。

失敗したときにゲームオーバーにはならずに、1度見たイベントはスキップした状態でリトライできる点も嬉しかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

肉食と草食

15歳以上推奨・一部残酷表現あり・LiveMaker製・ノベル・ファンタジー・
短編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類+α

狼と羊が洞窟の中に閉じ込められるという内容です。
周回することによって、読めるシナリオが増えます。

この作品の紹介ページを初めて見たときは、とあるアニメ映画(以前ブログで感想を書いたものです)を思い浮かべました。
それに近い物語なのだろうなと予想していましたが、実際にプレイしてみると全然違う中身だったので驚きました。タイトルにある「肉食」と「草食」が強調されていて、種族による違いを意識させられました。

1番好きなキャラクターは主人公である狼のルティです。優しくて、身近にいたら安心できそうだと感じました。
けれども、数年前にプレイしていたら、羊のヨハンが1番好きと答えていたかもしれません。ヨハンに関しては、彼の性格が形成されることになった環境や、彼の心理などに興味を持ちました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

当たるはず!! 人間性診断

ティラノスクリプト製・心理テスト・短編

内容はタイトルの通りです。2択問題に答えることによって進みます。
診断結果は6種類あります。

選択肢が全て面白かったです。
中にはどちらも自分には当てはまらないというものがありましたが、ネタなので許せました。

また、1度結果を見ると、他にはどのような結果があるのかすぐに確認できたことが嬉しかったです。
ちなみに、本当に当たっているかどうかは置いておいて、私の診断結果は「普通の人」でした。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ

氏田 雄介 著、カズキ ヒロ 写真・講談社・2017年

あたりまえのことをポエム風に書いた文章が、たくさん載っている本です(本といっても書店では見かけなかったので、電子書籍で購入して読んだのですが)。
結構前にSNS上で話題になっていたらしいのですが、私は最近になって知りました。

まず、タイトルにある文章を例として説明します。
息を止めたら呼吸ができなくなるのは当然のことです。しかし、「君の前で」という言葉がついていることで、なんとなくロマンチックに感じました。

このようなポエムが多数紹介されているので、心の中でツッコミを入れながら読みました。
一方で、背景として使用されている写真が幻想的で、それと合わせると、「ちょっと良い言葉」であるような気がしました。

書籍版の好きなところは、順番に読むと、男女2人の恋愛模様を追う物語になっているところです。
登場人物の設定について多くは語られておらず、その代わりに妄想を膨らませることができ、彼らには幸せになってほしいとまで考えました。

また、あとがきも面白かったです。著者のような着眼点を持っていれば、彩りのある日常生活を送れそうだと思いました。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8 9
11 13 15
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]
[10/24 九州壇氏]
[10/11 レイ]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.