忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

shoplifter

12歳以上推奨・WOLF RPGエディター製・ADV・現代日本もの・
短編・難易度やや高め・ED3種類(真ED1種類)

女子高生がコンビニに立ち寄り、不思議な空間に迷い込むことになるという内容です。
彼女はそこから脱出する方法を探します。

探索面では、一部、移動できる場所やアイテムのある場所がわかりにくい場面がありました。
その代わり、同梱されているファイルに攻略のヒントが載っていて、参考になりました。

タイトルは和訳すると「万引き」だそうです。
テーマ通り、万引きはしてはいけないなと思えるストーリーでした。
また、Another Endでの主人公が衝撃的でした。

このゲームは、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

PR

純色と肉慾

15歳以上推奨・残酷描写あり・RPGツクールMV製・ホラーADV・現代日本もの・短編・
難易度普通・ED2種類+α(真ED1種類)

仲の良い2人組が、とある事情により屋敷に忍び込むという内容です。
一部、アクション要素、ゲームオーバーがあります。

このゲームは、子どもと大人の境目がテーマとなっています。
主人公には、「大人にはなりたくない、きれいなままの子どもでいたい」という願望があります。
プロローグで登場する大人を見ると、そのような考えを持っても仕方がないように感じました。

屋敷を探索していくことによって、主人公はある決断を迫られるようになります。
そこに至る過程や、選択をした後の展開には意外性がありました。一方で、作中にはいくつか引っ掛かりのある場面があったのですが、終盤で謎が解けてすっきりしました。

2つあるエンディングの他に、タイトル画面に表示される「IF」という項目から見られるシナリオがあります。
「IF」ストーリーではありますが、1番気持ちの良い結末でした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

彫刻姫の破顔時

WOLF RPGエディター製・ADV・現代・洋風・短編・難易度普通・ED1種類

学校の図書室にいた男女2人が、知らない場所に飛ばされるという内容です。
メタネタが多いところが、このゲームの特徴です。

謎解きは、1番最初のもので迷いました。ただ、それ以外は、作中にもヒントがあったので解きやすかったです。
進行度によってヒントに表示されるコメントが変わることが面白くて、答えが推測できた場合でもヒントを見ながら進めました。

メインキャラクター2人の性格は、初登場時の印象とは異なりました。けれども、そこに親しみが持てました。特にヒロインには、共感できる点が多くありました。
また、2人の相性が良さそうで、いつまでも仲良くしていて欲しいと思いました。

起動するたびにタイトル画面が変わったり、立ち絵にアニメーションが付いていたりして、視覚的な部分でも楽しめました。

製作者の方のサイトはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

ぼくはメデューサの室内

WOLF RPGエディター製・ADV・ファンタジー・短編・
難易度普通・ED5種類(真ED1種類)

1人の青年が、森の中にいると言われているメデューサを退治に行くことになるという内容です。
ごく一部、戦闘場面があります。

エンディングは、選択肢と探索時に入手したアイテムによって分岐します。
前者はわかりやすかったです。後者は入手できるタイミングが限られているため、試行錯誤を繰り返しました。
その結果、ハッピーエンドを最後に見ることになり、ゲームが終わった後は気持ち良かったです。

「メデューサ」と言われている女性は、怖いところもありますが、想像していたよりは優しかったです。
その理由が明かされるハッピーエンドが1番好きです。途中で諦めずにプレイを続けて良かったと感じました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

サンタ・ルチアの愚行

残酷描写あり・RPGツクールMV製・ADV・洋風・短編・難易度低め・ED1種類

孤児院が舞台となっている物語です。
そこにいる子どもたちは、「外に出てはいけない」と言われています。

作中では、悲しい出来事が起こります。
タイトルに「愚行」という言葉が含まれていることや、製作者の方の他の作品に「皆を愛したサンタ・マリーア」があることから、予想はついたのですが、それでも切なかったです。
愚行自体は善意によるものであり、そこが特に辛いところだと感じました。

探索中に出てくる、「誰かの追憶」というものを集めることによって、物語の背景が見えてきます。
それぞれの記憶が登場人物のうちの誰のものかを把握できるようになると、感情移入しやすくなりました。

このゲームはストーリーの進行度によって、操作できるキャラクターが変わります。オブジェクトを調べたときの反応がそれぞれ異なり、楽しめました。
また、時折出てくる一枚絵が印象的でした。

製作者の方のサイトはこちらです。
ゲーム自体は、「ふりーむ!」からダウンロードできます。

拍手[0回]

以下ネタバレ

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.