忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

廃屋にて

WOLF RPGエディター製・ホラーADV・現代日本もの・
短編・難易度普通・ED2種類(真ED1種類)

廃墟探索同好会のメンバーが、ある廃屋を調査するという内容です。
最新バージョンでのプレイを推奨します

ゲームの目的は、マップ内にある「日記の切れ端」を集めて、真相を知ることです。
隅々まで探索していればヒントを見つけることができるので、困るような場面はありませんでした。
また、主人公に同行するメンバーの反応も楽しめました。

エンディングは、どちらもラストに意外性があり、終わった後に余韻が残りました。
特に、2周目で見られるエンディングでは、アイテム欄を見ると説明文に変化があり、それまでに抱いていたイメージが覆されました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

Find~ファインド~

12歳以上推奨・一部残酷描写あり・WOLF RPGエディター・ホラーADV・
短編・難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

女の子がいなくなった兄を探すという内容です。
一部、追いかけられる要素があります。

人間と意志を持った人形が共存する世界が舞台となっています。それによって、魅惑的な雰囲気が醸し出されていたように思います。
登場人物については、主人公に同行する「ルイグ」というキャラクターが特に好きです。

終盤でルートが分岐するので、エンディング回収が楽でした。
トゥルーエンドはEND1です。けれども、1番好みのスチルはEND2に出てきたものです。
また、伏線が細かく散りばめられていて、後から気付いたときは嬉しかったです。

END1で拾える日記を読んで、このゲームにおける悪役的存在の行ったことが酷いと感じました。けれども、もしかしたらその人と似たような価値観を持っていた時期があったかもしれません。
これからは、そのような偏見を持たないように気を付けようと考えました。

ゲームの紹介サイトはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

真冬の蛍

RPGツクールMV製・ホラー風ADV・現代日本もの・短編・難易度普通・ED1種類

男子高校生が、自分とよく似た人物を見かけるという内容です。彼は幼馴染と共にそれを追いかけて、ある屋敷に辿り着きます。
ホラー「風」でありストーリー重視のため、怖さは控えめです。

謎解きについては、作中にヒントが多く用意されていて、プレイしやすかったです。
特に、1番最初に出てくる暗証番号の入力の仕方が、ストーリーとも関連していて好みでした。

探索することで、屋敷の秘密を知ることができます。
屋敷の元住人が持っていた愛情や葛藤が伝わってきて、現実で同じような立場にいる人は辛いだろうなと思いました。
今までプレイしてきたゲームの影響もあってオチは早い段階で読めました。しかし、その上で感動できる作品でした。特に、終盤に出てくる一枚絵が印象に残りました。

謎解き関してもストーリーに関しても、幼馴染が頼りになりました。
また、登場人物の立ち絵に表情の変化が多く、中には伏線となっていたものがあった点も面白かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

雨降りはいつまでも

RPGツクール2003製・ADV・ファンタジー・短編・難易度普通・ED1種類

マップ上にある漫画を集めることが目的のゲームです。
全て集めると、主人公がどのような存在であるのかということがわかります。

グラフィックが独特で、珍しさを感じました。
ダークでありながらも、どこか惹きつけられるところがありました。

このゲームには、物語のカギを握る人物が登場します。
その人と主人公の関係は、とても特別なものでした。ラストまで進めると、愛のある作品だったと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。
余談ですが、サイトから読める漫画、「コインランドリーのきみ」も個人的に好きです。

拍手[1回]

ICE man

RPGツクールVX Ace製・ADV・ファンタジー・短編・難易度低め・ED1種類

主人公が、一風変わった酒場に立ち寄るという内容です。
日本語と英語でプレイできます。

ゲーム紹介ページにあるキャッチコピーには、「貴方も"ICE"を言いたくなる」とあります。プレイしてみるとまさにその通りの中身でした。
意味が理解できると、じわじわと来るものがありました。

初回は英語でプレイし、訳がわからなかった部分は2週目に日本語でプレイして確認することを推奨します。
シナリオの都合上、英語の方がコンセプトがわかりやすいと思います。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11 12
14 15 17 19
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

(01/22)
(01/20)
(01/18)
(01/16)
(01/13)

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.