忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

firstcomplex

1500円・体験版あり・15歳以上推奨・NScripter製・乙女ゲー・
現代学園もの・長編・難易度普通・ED14種類・攻略対象4人

親の都合で幼少の頃生活していた場所に戻ってきた女子高生が、そこで学園生活を送ることになるという内容です。
しかし、彼女は、あるコンプレックスを抱えています。

どのルートであっても、ストーリーを進めると攻略対象に対するイメージが第一印象から変わりました。
緊張感のある場面が多く、男性キャラ同士が主人公を取り合う場面など、刺激がありました。そして、彼らの言動によって起こる主人公の心情の変化の描写は、集中して読みたくなるものでした。

スチルはどれもキャラクターの表情が印象的でした。その中でも、生徒会長ルートの終盤に出てくるものが特に好きです。
画面演出も、こだわりを感じられるもので面白かったです。
また、トゥルーエンドを迎えたときに流れるエンディングが、キャラクターによって異なっていたことが嬉しかったです。

この作品で最も好きな点は、人気投票で1位だった人物が関連する場面全てです。
主人公や周囲のことを十分に理解しているところや、普段とのギャップを感じられる場面が魅力的で、プレイしている間ずっと攻略したいと考えていました。
攻略対象外ではありましたが、ルートによっては主人公との関係性に期待ができることもありました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

セレンとシアルル -かんたん脱出ゲーム-

WOLF RPGエディター製・ADV・ファンタジー・短編・難易度低め・ED3種類(真ED1種類)

人間を閉じ込めようとした魔女が、その人間に閉じ込められるという内容です。
タイトル通り、脱出することが目的のゲームです。

主人公が魔女という設定上、オブジェクトを調べたときに出てくる文章が普通の脱出ゲームとは異なることがあり、珍しさを感じました。
そして、ストーリーにも大きく関係していて、面白さがありました。

ヒントが多めで、難しい謎解きもないので、プレイしやすかったです。
エンディング分岐もわかりやすかったです。

全体的には平和な作品でした。
このゲームに出てくる魔女と人間は、2人とも好きです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

ノベル公開しました

エイプリルフールですが嘘ではありません。
という記事を書きたかっただけです。
中身はエイプリルフールとは一切関係ありません。

タイトル……蹴られる
概要……LiveMaker製・現代学園もの・短編・ED2種類
ふりーむからダウンロードできます。

2017年4月11日追記……最初は「ふりーむ」の紹介ページにプレイ時間数分と書いていましたが、それ程長くなかったので情報を訂正しました。
はじめのあたりにダウンロードしてくださった方、申し訳ありません。

また、ふりーむにてレビューをいただき嬉しかったです。ありがとうございます。

拍手[0回]

サツジンキ、セモ

NScripter製・ノベル・短編・選択肢なし・ED1種類

死刑制度について語られるノベルです。

台詞の1つ1つに、重みがあるような気がしました。
読みながら、倫理について考えさせられました。

けれども、オチを知ると、それまでに持っていた意見を覆されました。
物語の背景も、想像とは全く異なるものでした。

あとがきでは、タイトルに隠された仕掛けがわかります。
これには自力で気付きたかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

忘れ物を取りに

RPGツクールMV製・RPG・現代学園もの・短編・難易度普通・ED1種類

男子生徒が、学校に忘れた宿題を取りに行くという内容です。
しかし、夜の学校では、不思議な現象が起こります。

このゲームの1番好きなところは、学校に置いてあるものが、武器や防具として入手できるという点です。
身近なものが多く、日常らしさを感じることができました。

一方で、敵キャラなどは、普通の学校ではあり得ない設定を持っていることがあります。
しかし、登場人物の会話を見ていると、違和感なく世界観に没入することができました。ちなみに、ツッコミ役が好みでした。

ラスボスには苦戦しましたが、ある程度のレベル上げと、全ての教室の探索によってクリアすることができました。
探索するためのヒントをくれるキャラクターがいたことが嬉しかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
10 11 13 15
18 20
23 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.