忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

私は今日ここで死にます。

NScripter製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

1人の青年が、川に飛び込んだ女子高校生を見かけ、助けようとするという内容です。
全2章で、前半は女子高校生、後半は主人公がストーリーのメインとなっています。

1章は、王道的な展開だという印象を持ちました。
2人が関わりを持つことで、ヒロインの心情に少しずつ変化が現れていく様子を見て、前向きな気持ちになれました。

2章では、主人公が女子高校生を助けようとした理由が明かされます。それを知ると、彼らが出会ったことは奇跡であったように思いました。
1章より重いストーリーではありますが、生きることの大切さを教えてくれました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

かわいそうな魔法

YU-RIS製・乙女ゲー・ファンタジー・学園もの・短編・難易度低め・ED1種類・攻略対象1人

女学生が、女装をして彼女の弟に近付いている知り合いの行動を、やめさせようとするという内容です。
選択肢は間違えるとゲームオーバーになります。

攻略対象の言動は突飛な点はあるものの、主人公が好きだからこそのものであると察しやすかったです。
けれども、彼の抱えている秘密や、恋をした相手が主人公だった1番の理由はなかなか読めませんでした。
少しずつ情報が明らかになっていくので、それを元に予想することが楽しかったです。

主人公は、真面目な性格をしています。
攻略対象とは反対のタイプなので、ストーリーが進むことで、考え方や心情が変化していく過程に、興味を持ちやすかったです。

また、前半と後半では、タイトルの持つ意味が変わります。意味が説明される文章が、心に響きました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ラストサマー・バケーション・イン・ザ・ダーク

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

1人の女性が、昔住んでいた田舎に帰って来るという内容です。
彼女はそこで、中学生時代の友人のことを思い出します。

友人の笑顔が眩しかったです。
しかし、タイトルに「ダーク」という単語が含まれている通り、ストーリーは暗いので、切なさも感じました。

主人公が過去を思い出す場面の描写が生々しく、共感できるところがありました。
どこかに分岐点があったとしたら、2人の関係に変化はあったのかなと考えました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

Friends

吉里吉里製・ノベル・現代ファンタジー・短編・選択肢なし・ED1種類

男性が同窓会の帰りに、見知らぬ青年から声をかけられるという内容です。
彼は青年に、タイムトラベルをしてみるように誘われます。

作中で主人公がタイムトラベルをした先は、彼にとっては思い出しくない時代でした。けれども、未来に大きく影響を与えた時期でもあり、見つめ直すことによって、彼は物事に対して正しい判断を身につけられるようになります。
過去に目を向けるという行為は、苦痛を伴うこともありますが、それでも必要な場合もあるということを、この作品から学びました。

主人公は他の人を見下しているので、はじめは鼻につきました。
しかし、彼が過去に行ったことに近いことを、私自身もしてしまったことがあります。そのため、読みながら反省しました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

あなたは呪われてしまいました

WOLF RPGエディター製・ホラー謎解きゲーム・短編・難易度高め・ED1種類

内容はタイトルの通りです。呪いを解くことで、クリアとなります。
ジャンルはADVとすべきかノベルとすべきか迷ったのですが、ゲームの特殊性により、その他としておきます。不都合があれば、変えるかもしれません。

クリアするためには、本体以外にも使用するファイルがあります。
ネタバレになってしまうので詳しくは書けないのですが、今までに見たことのないタイプのゲームで、新しさを感じました。
また、一部ミスリードが含まれています。答えを間違えたときに出てくる演出にインパクトがありました。

謎解きは、1番最後に出てくるものがかなりの難題でした。
その代わり、答えがわかると、達成感を得られました。

謎解きの方がメインとなっていますが、ストーリーにも惹かれるものがありました。
原因などを深く考えると、作中で呪いを広めた人物のことは、嫌いにはなれないと思いました。

制作者の方のブログはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 6 7
9 11 13 15
17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.