忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

お花屋マリーのいちにち

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

ストーリーはタイトルの通りです。
お花屋のマリーと、お客さんがやり取りをします。

マリーの笑顔が眩しく、花を愛でる気持ちや優しさが伝わってきました。
彼女のような人と出会ったら、元気になれそうだと感じました。

これまでの人生で私は、花屋を利用したことはありません。
それでも、魅力のある場所であるような気がしました。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

PR

勇者はG○○gle翻訳で世界を救うことにした。

RPGツクールMV製・RPG・現代ファンタジー・中編・難易度やや高め・ED1種類+α

ゲーム内容はタイトルの通りです。
依頼をこなしてお金を集めることで、レベルを上げたり、他の依頼をこなしたりすることができるようになります。

翻訳された文章は元々の文章とは異なるため、どのような依頼を頼まれているのかがわかりづらい場合がありました。しかし、答えを探りながらゲームを進めていくことが楽しかったです(私がプレイしたのは1番最初のバージョンです。現在は更新されているので、遊びやすくなっていると思います)。
また、制限時間がありますが、お金を集めたら制限時間を増やすことができ、達成できる依頼も増えていくことが嬉しかったです。

エンディングを迎えた後は、原文バージョンの台詞を見ることができます。
想像していたものとは異なっていた点が多々あり、驚きました。

製作者の方のサイトはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

千夜一夜のシェヘラザード

ティラノビルダー製・製・ノベル・現代学園もの・短編・
選択肢なし・ED3種類(真ED1種類)・ボイスあり

とある男女が出会って会話をするという内容です。
「千夜一夜物語」が元になっています。元ネタは読んだことがありませんが、楽しめました。

最初は、男女2人から主人公を選ぶことによって進めます。両方のルートを見た後、3つ目のルートを見ることができます。
はじめから見ることのできるルート2つは、どちらも続きが気になるところで終わりました。3つ目の真相が明かされるルートでは、メイン2人の具体的な関係を知ることができ、物語自体も動いて、最終的にはすっきりしました。

この作品の中で特におすすめしたいと感じたところはエンディングムービーです。
語彙力がなくて上手く説明ができないのですが、すごかったです。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

RiLCo 4月に君は嘘との日

ティラノスクリプト製・乙女ゲー・現代日本もの・短編・難易度普通・ED3種類・攻略対象1人

とある女性のスマホが、人間の姿になって現れるという内容です。
エイプリルフールが題材となっています。

このゲームで最初に興味を持ったのは絵です。格好良い立ち絵に惹きつけられました。
プレイすることによって、スチルも素敵だと思いました。

ストーリーにも魅力がありました。
悩みを抱えている主人公がスマホとのやり取りを通して前向きになっていくという過程が好きです。希望が持てそうなラストが心地良かったです。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ノベルを公開してから3周年です。

2017年4月1日にノベル「蹴られる」を「ふりーむ!」で公開しました。過去の記事にも書きましたが、理由はエイプリルフールに敢えて本当のことを記事にしたかったからです。ノベルの中身はエイプリルフールは全く関係ありません。

3周年だからといって特別なことは(思いつかないから)しません。代わりに、現時点でのダウンロード数を書いておきます。
134本です。ただし、チェックのために2回、自分でダウンロードしているので正確には132本です。

ちなみに、2018年12月4日に公開したノベル「今へと繋がる幼き日」の現時点でのダウンロード数は63本(正確には62本)です。

選択肢がある方は「蹴られる」ですが、より頑張って作った方は「今へと繋がる幼き日」です。

どちらでも良いので、まだプレイされてない方に読んでもらえたら嬉しいなと思って、この記事を公開します。

拍手[1回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 13 14 15
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/24 カミーネ]
[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.