忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ソラヒカルウミ

15禁・BL要素あり・ティラノスクリプト製・ノベル・洋風・
中編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類(真ED1種類)

ヨーロッパのある国を訪れた日本人留学生が、お金持ちの御曹司と交流することになるという内容です。
「ホシナガルソラ」というノベルの姉妹編で、関連する要素があります(「ホシナガルソラ」の感想はこちらです)。
単独でプレイしても問題ありません。

実は、「ホシナガルソラ」をプレイしたとき、登場人物の1人であるアベルのルートもあったら良いなと思いました。この作品ではそれが実現して、嬉しかったです。
フィクションとはいえ、彼の人格が形成されるまでの過程や主人公と出会ってからの変化を知ることによって、お金持ちにもいろいろな事情を持っている場合があるということを学びました。

メインキャラクター2人は、生活習慣や価値観など、ほとんど全てが正反対です。
だからこそ、お互いに惹かれるものがあるのかもしれないと感じました。

豊富なスチルやエンディング映像も楽しめました。
製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

更け行く秋にサングラスをかけて

LiveMaker製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子高生が普段利用しているコンビニの店員を、コンビニ以外の場所でも見かけるようになるという内容です。
彼女は、彼がどのような人物なのか、興味を持つようになります。

主人公は、何か熱中できるものが欲しいという願望を持っています。
高校生らしい心情で、似たようなことを考えたことがある人は結構いそうだと思いました。

彼女にもたらされる変化は優しいもので、あたたかさを感じました。
将来の夢というものに関して終盤にある台詞が出てくるのですが、そのような視点を持つことができるのだという、説得力がありました。

時折出てくるスチルは、どれも爽やかでした。
また、1度読んだ章であれば、タイトル画面から「はじめる」を選んだときに読み返すことができ、便利でした。

この作品は、「Vector」で公開されています。

拍手[0回]

ひめさまとげぼく

12歳以上推奨・NScripter製・ノベル・女性向け・ファンタジー・
短編・選択肢あり・難易度普通・ED5種類(真ED1種類)

山の中で倒れていた女性が、1人の男性に助けられるという内容です。
彼女は男性を下僕とし、共に旅をします。

ところどころ、主人公や男性が、何らかの秘密を隠しているのだろうと察することのできる場面がありました。しかし、その答えは終盤までわかりませんでした。
物語がどのように展開していくのかが気になる文章でした。

主人公の性格や態度は、実際にいたら怖いと感じそうなものでした。
けれども、画面の外から見ると親しみがわき、幸せになって欲しいと思いました。

エンド1、エンド2は分岐点がわかりやすかったです。その他は迷いましたが、ゲーム内で見られるヒントが参考になりました。
エンド3、エンド4、エンド5ではエンディングが流れます。出てくるイラストがそれぞれ異なり、面白かったです。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

現在、フリーゲームの感想を用意できていません。

感想を書きたい作品やこれから触れてみたい作品は結構あるのですが、まだ書けていません。

理由はいくつかありますが、そのうちの1つは、「カクヨム」というサイトにはまっていて、小説を読んだり書いたりしていたからです。ちなみに、今は、きみのまわりにあるものは?」という小説を投稿しています(宣伝です)。今まで使ったことのない文体を試していて、自分の世界に浸れるため、書いている側としては楽しいです。完結できるかはわからないという問題はありますが、それでも良ければ読んでいただけると嬉しいです。

フリーゲームに関する記事を書くのは、早くても10月になってからになります。

拍手[0回]

ハロウィンナイト・グリッチSWEET

残酷描写あり・LiveMaker製・乙女ゲー・ファンタジー・
短編・難易度低め・ED3種類・攻略対象3人

「ハロウィンナイト・グリッチ」の番外編です。
前作の感想はこちらです。

物語は、「ゴーストタウン」に再びハロウィンがやってくるという内容です。
番外編ということで前作よりは軽めな気がしましたが、相変わらず怖さもありながらコメディタッチで、面白かったです。

この作品では、攻略対象が1人増えています。
他の2人に負けず劣らずの個性を持っていて、強烈でした。

ゲーム画面のデザインがハロウィン仕様となっているところも素敵でした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
11 12 14 15
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.