忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

暗黒SNSしりとり

Yuuki! Novel製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・
難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

男子大学生が、気が付いたら知らない場所にいたという内容です。
彼は、この問題を解決するためには、SNS上でしりとりをすれば良いことに気付きます。

選択肢は全部で2か所で、エンディングの回収はしやすかったです。
バッドエンドになるだろうと予想したものがハッピーエンドに繋がるものだったため、意外に感じました。
エンディングの中では、とあることが判明する2番目のバッドエンドが1番好きです。

シンプルなデザインで、すっきりとした印象を持ちました。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

PR

私の兄貴はワンと鳴く

ティラノスクリプト製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

とある兄妹の関係が描写された物語です。作中の時期はクリスマスシーズンです。
ブラウザでプレイするタイプの作品です。

全体を通して見ると、切ないお話ではあります。
けれども、コメディタッチで進むので暗くなりすぎず、読みやすかったです。

兄と妹の性格は全く異なりますが、どちらも可愛かったです。お互いに相手のことを思いやって行動していた点に、好感を持てました。
また、主人公を支える存在であるわき役にも、それぞれ魅力がありました。

設定画面を表示するためのボタンが犬の絵になっていたことなど、演出面も面白かったです。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

狂人志願

残酷表現あり・ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・
短編・選択肢なし・ED1種類

男子中学生3人が、秘密の場所に集まって遊ぶという内容です。
ただ、遊びの内容には問題があります。

タイトルから察することができると思いますが、グロテスクな要素を含みます。
中学生3人の行動は倫理に反したことですが、動機を知ると、周囲が事前に気付いて止めるということは難しそうだと思いました。
現実で全く同じことが起こる可能性は低いはず(だと思いたい)ですが、リアリティがありました。

このノベルは、元々は小説として公開されていたものです。
ノベルになって背景が追加されたことで、より怖さが増したように感じました。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

動画シンデレラ

NScripter製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

人と話すことが苦手な女性が、ユーチューバーになろうとするという内容です。
関連作がいくつかありますが、単体でプレイしても問題ありません。

主人公は、同じ会社で働いている人にアドバイスをもらおうとします。
アドバイスの内容が的確で、作中では動画作りに対するものとなっていますが、フリーゲームの感想を書く際の留意点にもあてはまるものがあるように感じました。

説明書には、ある文章が書かれています。
それを見ている場合と見ていない場合とでは、このノベルの印象が大きく異なると思います。

製作者の方のサイトはこちらです。
作品自体は「ふりーむ!」からダウンロードできます。

拍手[0回]

マッチ売りの美少年

ティラノスクリプト製・ノベル・洋風・短編・選択肢あり・
難易度低め・ED2種類(真ED1種類)

童話「マッチ売りの少女」が元になっているノベルです。
条件を満たすと、おまけシナリオが読めるようになります。

主人公の性別は異なりますが、大体の流れは元ネタに忠実です。
元ネタの「マッチ売りの少女」は好きな物語なので、嬉しかったです。特に、キーワードとして流れ星が出てくる場面が好きです。

エンディングは、片方が原作のようなエンド、もう片方がそうではないエンドです。
この作品の場合、後者が存在することは重要なポイントであると考えます。主人公の友人としてリリーというヒロインが登場するのですが、彼女は天使だと思いました。

立ち絵が綺麗だったところや、雪の降る画面演出があったところも好みでした。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.