忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

Farewell Rain ~この空の下で君と~

NScripter製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢あり・難易度普通・ED8種類

恋人をなくした男子高校生が、葛藤しながらも日々を過ごすという内容です。
ある日を境に、彼の心境に変化が訪れます。

前半は重苦しくて、ゆっくり読み進めることになりました。しかし、選択肢が現れてからは、希望が持てるようになりました。
どのルートでも、人と人とが支え合っていこうとする描写があって、好感が持てました。

1週目で見られるエンディングは4種類です。4つの結末を全て見ると、シナリオが追加されます。
追加されるルートは、生死についてより考えさせられるものだったように思いました。

登場人物の中では主人公の幼馴染が好きです。
彼女がメインとなるルートでは、主人公と幼馴染がお互いに相手のことを理解し合っていて、素敵な関係だと感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

女子トイレの殺人

ティラノスクリプト製・ノベル・現代日本もの・短編・
選択肢あり・難易度普通・ED8種類(真ED4種類)

女子トイレが大好きな少年が、公衆トイレで死体を発見するという内容です。
彼はその場に居合わせた人の中から、犯人を見つけ出そうとします。

事件現場の状況がイラスト付きで説明されるため、とっつきやすかったです。
また、メニューボタンがトイレットペーパーのイラストになっていたところに、こだわりを感じました。

選択肢によって、登場人物の設定が大きく変わります。
しかしながら、グッドエンドに繋がるルートはどれも、それまでに出ていた疑問点が解消される点が面白かったです。

説明書にはエンディングは7種類と書かれていましたが、実際にプレイするとバッドエンド4種類、グッドエンド4種類の計8種類ありました。
バッドエンドはNo.3、グッドエンドはNo.2とNo.4が特に好きです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

電波電波カプリッチョ

吉里吉里製・ノベル・現代学園もの・長編・選択肢あり・
難易度普通・ED5種類(真ED2種類)

男子高校生が、夏休み明けから学校を休んでいるクラスメイトに、学校へ来てもらおうとするという内容です。
ヒロインはそのクラスメイトと幼馴染であるクラス委員長の2人で、メインのシナリオでは好感度によって、どちらかのルートに分かれます。

主人公は、いわゆる「中二病」や「電波」と呼ばれる性格です。
物語は彼の視点で語られるので、地の文でも突拍子もない言葉が出てくることが多く驚きましたが、勢いで読み進められました。
一方で、彼の言動には説得力のある場合もあり、賛同したくなる場面もいくつかありました。

メインシナリオに入る前は、メインキャラが仲良くしていてほのぼのとしていた印象を受けました。
メインシナリオに入った後は、シリアスな要素が出てきます。しかし、どちらのルートでも、敵を倒しヒロインを救うというはっきりとした目的があり、主人公に格好良さを感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

本当の願い事

12歳以上推奨・吉里吉里製・ノベル・現代学園もの・短編・
選択肢あり・難易度普通・ED5種類(真ED1種類)

男子高校生が、事情により図書委員の手伝いをすることになるという内容です。
そして彼は、学校に「願いが叶う本」があるという噂を耳にします。

はじめは、「願いが叶う本」そのものに興味を持ちました。
けれども読み進めることで、本以上に、登場人物の関係性が気になるようになりました。

条件を満たすことで読めるようになる、ヒロイン視点のシナリオが特に好きです。
男子主人公視点では語られなかったことが判明し、衝撃を受けました。選択肢が出てきた後、それまでヒロインの心情を誤解していたことがわかり、人の内面を読むことの難しさに対して、怖さを感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

薄闇地下室

LiveMaker製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子生徒が、知り合いからある手紙を受け取るという内容です。
夏休み最終日の出来事が描写された物語です。

登場人物の設定は、日本のどこかにいそうだと感じるものでした。
そのため、情景を思い浮かべやすかったです。

ダークな要素が含まれていますが、そこが惹きつけられる部分でもありました。
メイン2人が話し合って出した結論は、正しいものかどうか判断はできません。ただし、完全に否定することはできないように思いました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
11 12 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/22 カミーネ]
[06/15 カミーネ]
[06/14 キョウジ]
[06/02 Low]
[04/23 さっちん]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.