忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

居留守ねむり

NScripter製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・難易度低め・ED1種類

お手伝いの女性が、主から留守番を頼まれるもの、誰が来ても出てはいけないと言われるという内容です。
選択肢を間違えると、ゲームオーバーになります。

訪問してきた人の姿は、画面内のドアホンに表示されます。現代的な演出だと思いました。
また、選択肢を間違えたときに出てくる演出に怖さがあり、来訪者から立場を伝えられた場合でも、居留守をしたくなりました。

ストーリーの真相は、判明する前に持っていたイメージがガラリと変わるもので驚きました。
けれども、作中の出来事に近いことは、現実でも起こり得るような気がしました。

メイン要素ではありませんが、テレビに出てくるアナウンサーの台詞が面白かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

PR

神さまの欠片

Light.vn製・ノベル・和風・短編・選択肢なし・ED1種類

男子大学生が、毎年「神さま」である少女に会いに行くという内容です。
しかしある年、2人の関係に変化が起こります。

世の中には、「神」という存在が登場する創作物が多数あります。けれども、その定義は、作品によってまちまちです。
そのような中、このノベルで語られる「神さま」の定義は、今まで触れたことのある創作物の中では1番、私の考え方に近いものでした。

後半からの展開が、ダウンロードする前に想像していたものとは全く異なりました。
そのため、制作者の方が意図された通りの反応を、ついしてしまいました。

作中の時期が夏ということで、タイトル画面やセーブ・ロード画面には、夏らしいイラストが使用されています。
しかし、それ以上の意味で、夏であるこの時期だからこそおすすめしたいと感じる作品でした。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

夏に溺れる

吉里吉里製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類

小学生が夏休みに、祖母の住む田舎へ行くという内容です。
彼はそこで同年代の人たちと出会い、一緒に遊ぶことになります。

この作品は、広島県が舞台となっていて、台詞に広島弁が使われています。
画面に表示されている情景と相まって、自分にとって身近な物語であったように感じました。

作中の日付がお盆であることにも、重要な意味があったように思います。
読み終わった数日後に、小学生の頃、「お盆に泳いではいけない」と母親に言われたことを思い出しました。
そして、このノベルにはそれにまつわることが書かれていたとわかり、何故もっと早く気付けなかったのだろうと考えました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

誰そ彼と文

ティラノビルダー製・ノベル・和風・短編・選択肢あり・難易度やや高め・ED1種類

あの世にいる郵便局員が、とある手紙を届けに行くという内容です。
エンディングは1つですが、条件を満たすと見られるようになるシナリオがあります。

このゲームには、謎解き要素があります。文字と関係しているもので、作品のテーマに合っていました。
個人的には、最初の方に出てくる謎解きが番難しく感じましたが、基本的には作中に出てくるヒントを参考にすると解きやすかったです。

手紙を渡す相手が意外な存在で驚きました。
また、郵便局員の先輩後輩関係に魅力があり、これからも仲良くして欲しいと思いました。

ゲームの紹介ページはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

strange arouse anonymous [# another]

ティラノビルダー製・ホラーノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

オンラインゲームのオフ会に参加したメンバーが、怪談話を聞くことになるという内容です。
「strange arouse anonymous [# watch]」の続編にあたるため、そちらを先にプレイしているとより楽しめます。単体でプレイしても問題ありません。

1番印象が強かったのは、前作にも登場した人物です。彼女の怪しさが増していて、何者なのだろうと思いました。
ちなみに、この作品には続編があります。そちらもプレイしたくなる終わり方でした。

文章の一部には、プレイヤーに向けて語りかけてくるようなものが含まれています。
そのため、物語に興味を持ちやすかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 4
6 8 10 11
13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.