忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

殺人鬼の街

12歳以上推奨・残酷表現あり・RPGツクールMV製・水平思考問題風ゲーム・
(多分)現代日本もの・短編・難易度高め・ED1種類

ある街で起こった複数の殺人事件について、原因を推測するというゲームです。
ヒントを参考にして答えとなる選択肢を選びます。正解なら「YES」、不正解なら「NO」と出てきます。

最初は、遊び方自体がよくわからなくてとまどいました。プレイを続けることで、「資料」として画面に出てくる文章の1行1行に対して、それぞれ正しい答えを考えるものだとわかりました(この説明の意味が分からなくても、とりあえずプレイしてみたら遊び方はわかると思います)。
慣れてくると操作方法などが理解でき、答えも予想しやすくなりました。

とはいっても、ヒントから予想できる答えは複数ある気がして、間違った選択肢を選んでしまうことが多くありました。
そのようなときは、同梱されている攻略テキストが役に立ちました。テキストに書かれているのはヒントではなく答えなので、見れば必ずクリアできます。

難しいゲームですが、ストーリーが興味深かったため、好きなフリーゲームのうちの1つになりました。
作中で起こる事件の数々は辛いもので、そもそもの根源も悲しいものでした。だからこそ印象的で、クリア後もこの物語の今後が気になりました。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

PR

平成といふ時代

RPGツクールMV製・クイズ・短編・難易度低め

平成の間に起こった出来事に関するクイズが出題されるゲームです。
正解すると、画面内にいる女の子が水着姿になります。

クイズとして出されるものはどれも有名なので、答えはすぐにわかると思います。
初回プレイ時には3問間違えてしまいましたが。

使用されているBGMが1つの時代の終わりを告げていることを表しているようで、切なさを感じました。
もうすぐ元号が変わる今の時期に丁度良いゲームだと思います。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

IQuest

WOLF RPGエディター製・クイズ・ファンタジー・短編・難易度普通・ED1種類

タイトルの読みは「アイキュエスト」です。
記憶喪失の少年が、偶然出会った仲間たちと共に行動しながら、自分のことを思い出そうとするという内容です。
登場人物は全員ケモノなので、ケモナーの方へおすすめです。

ストーリーは、仲間との協力に関することが強調されていたように思います。
終盤は熱い展開でした。

特にすごいと感じたものは、アニメーションです。キャラクターがかなり動きます。
さらに主人公の場合はパターンが多いので、何度見ても飽きませんでした。
途中から気付いたのですが、タイトル画面も変化のあるものでした。

また、このゲームには、味方が主人公の手助けをしてくれる「アシスト」というシステムがあります(作中で説明が出てきます)。
クイズが難しい場合に役立つものでした。「アシスト」に頼らないことも選べますが、味方キャラクターのアニメーションが見られるため、使用した方が楽しめると思います。

失敗したときにゲームオーバーにはならずに、1度見たイベントはスキップした状態でリトライできる点も嬉しかったです。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

当たるはず!! 人間性診断

ティラノスクリプト製・心理テスト・短編

内容はタイトルの通りです。2択問題に答えることによって進みます。
診断結果は6種類あります。

選択肢が全て面白かったです。
中にはどちらも自分には当てはまらないというものがありましたが、ネタなので許せました。

また、1度結果を見ると、他にはどのような結果があるのかすぐに確認できたことが嬉しかったです。
ちなみに、本当に当たっているかどうかは置いておいて、私の診断結果は「普通の人」でした。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

Fantas Santas

LiveMaker製・タイピング+選択肢・ファンタジー・短編・難易度低め・ED4種類(真ED1種類)

見習いサンタが、クリスマスのための実習を受けるという内容です。
タイピングは、漢字の読み方を入力するものとなっています。

タイピング場面では、答えとなる文字を繋げると、1つの単語ができます。
暗号を解いているみたいで楽しかったです。

トゥルーエンドでは、登場人物の秘密がわかります。キャラクターの長所が語られているところに魅力がありました。
バッドエンドの中には、ネタが含まれているものがあって面白かったです。END4が特に好きです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 11 12 14
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.