忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

おるすばんダイサクセン!

Visual Stadio製・ACT・現代・短編・難易度やや高め・ED1種類

赤ちゃんが兄と留守番をするという内容です。
簡単な操作方法は、説明書に書いてあります。

探索する場所が家の中で、危険性はなさそうだったため、まったりとプレイしました。
進行度によって兄の台詞が変わるところが面白かったです。

ここで感想を書きたいと思った要因は、主に終盤にあります。
戦闘があるのですが、始まるまでの流れや戦闘をせずにゲームオーバーになるときの展開に驚きました。
タイトルや紹介ページを見たときは、そのようなゲームだとは想像もしませんでした。

クリアするまでに時間がかかったので、ランクはEと表示されました。
しかし、敵の攻撃パターンは決まっているので、アクションに慣れている方にとっては、難しくないかもしれません。

このゲームは、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

PR

ちえちゃんは魔法少女

RPGツクールMV製・ACT・現代ファンタジー・短編・
難易度普通・ED12種類(真ED1種類)

少女を人から見つからないように変身させることが目的のゲームです。全部で25のステージがあります。
私の場合はパソコンでプレイしましたが、スマホなどでもプレイできるようです。

操作方法がとても簡単で、これならアクションに慣れていない自分でも余裕でクリアできると思っていました。
とはいえ、後半からは難易度が上がるステージが出てきて、緊張感がありました。

失敗するとイベントが起こり、バッドエンドとなります。
このイベントは1度見ればスキップすることができ、タイトル画面から回想することもできます。また、既読スキップやバックログなどの機能が備えられていて、嬉しい仕様となっていました。

登場人物が変身するアニメに好きなものがいくつかあるため、このゲームもそれらに近く、ワクワクしました。
また、変身する瞬間を人から見られてはいけない理由が語られるので、バッドエンドを回収しながら進めた方が面白いと思います。
スチルは、男性だとより楽しめそうなものが多かったように感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ゲットバック・ザ・タイヨウ

LiveMaker製・クイズゲーム・現代学園もの・短編・難易度普通・ED1種類

少女が夏休み最終日の夜、謎の人物からクイズに答えるように命令されるという内容です。
謎の人物によると、クイズに正解することで太陽が出てきて新学期を迎えることができるとの事です。

このゲームは、夏がテーマとなっています。
ストーリーだけでなく、クイズの問題も夏にまつわるものだったところが面白かったです。

出題される順番は固定で、回答した後に解説を見ることができます。
そのため、ゲームオーバーになったステージは、2度目の挑戦でクリアすることができました。

物語の中では、クラスメイトの1人が主人公の協力者となります。
主人公とクラスメイトの間に友情が芽生える過程が楽しかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

人格診断MV

RPGツクールMV製・心理テスト+ADV・短編・難易度普通・ED2種類(真ED1種類)

プレイヤーが画面上にいる女の子からの複数の質問に答えることで、自分がどのような性格をしているかを診断してもらえるという内容です。
ブラウザでプレイするタイプの作品です。

最初に名前を入力する場面があり、ちょっとしたネタが仕掛けられています。それが面白かったです。
ただ、詳細は書けませんが、ラストを迎えたときは、真面目に入力した方が良かったかもしれないと感じました。

診断の結果として表示される文章は、質問の答えに近いものとなっています。
そのため、正直に答えれば、大体は当たっている結果になるはずです。

心理テスト自体も楽しかったのですが、この作品の感想を書きたいと思ったのは、結果が表示された後に展開されたストーリーが好きだと思ったからです。
始めは状況が理解できませんでしたが、進めると徐々に世界観がわかるようになりました。
感動的な内容で、女の子からの質問も伏線となっており、意外性がありました。

このゲームは、「ふりーむ」からプレイできます。

拍手[0回]

そこなら三角まわして四角

パズル・短編・難易度普通・ED1種類

三角形1つと四角形1つを組み合わせて、お題に書かれている図形を作ることが目的です。
詳しい説明はゲーム内にもあります。ストーリーはありません。

お題は簡単なものもあれば、考えることに時間を要したものもありました。
とはいっても、いろいろと動かしていれば必ずクリアできるようになっていたので安心しました。

お題通りの図形が作れたら、その時点で画面右側にお題の絵が表示されます。
このシステムがあったおかげで、何故達成できたのかがわかりやすく感じられました。

たった2つの図形で、いろいろなものの絵が作れるという発想が面白かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11 12
14 15 17 19
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

(01/22)
(01/20)
(01/18)
(01/16)
(01/13)

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.