忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ハロウィンナイト・グリッチSWEET

残酷描写あり・LiveMaker製・乙女ゲー・ファンタジー・
短編・難易度低め・ED3種類・攻略対象3人

「ハロウィンナイト・グリッチ」の番外編です。
前作の感想はこちらです。

物語は、「ゴーストタウン」に再びハロウィンがやってくるという内容です。
番外編ということで前作よりは軽めな気がしましたが、相変わらず怖さもありながらコメディタッチで、面白かったです。

この作品では、攻略対象が1人増えています。
他の2人に負けず劣らずの個性を持っていて、強烈でした。

ゲーム画面のデザインがハロウィン仕様となっているところも素敵でした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

貴方に触れてみたかった

ティラノビルダー製・乙女ゲー・ファンタジー・短編・
難易度普通・ED3種類・攻略対象1人

教会で生活している少女と牧師の物語です。
ハロウィンがテーマとなっています。

軽快なBGMと主人公の明るい語り口調から、平和的なお話という印象を持ちました。
しかし、終盤で真相が明かされてからは、少しイメージが変わりました。

教会ならでは、ハロウィンならではの内容で、この作品独自の魅力がありました。
物語の全容がわかるTrue Endが最も好きです。

聖職者である牧師(作中では「先生」と表記)の表情には、なまめかしさを感じました。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

やけっぱち世界征服

LiveMaker製・乙女ゲー・ファンタジー・短編・難易度普通・
ED5種類+α・攻略対象2人

魔王を倒すための旅をしていた主人公が、仲間の1人である勇者に告白するという内容です。
しかし告白は失敗し、彼女はとある決意をします。

主人公にかなりの行動力があって、驚かされました。
攻略対象は勇者と魔王の2人で、どちらも人柄の良さが滲み出ていて、気持ちが揺れ動いてもおかしくないように感じました。
また、攻略対象外である登場人物にも格好良さがありました。

勇者ルートはわかりやすく、すぐにハッピーエンドを見ることができました。
一方、魔王ルートは、失敗して何度かバッドエンドを見ることになりました。けれども、ハッピーエンドでの魔王の台詞を見たら、失敗した原因をなんとなく理解しました。
それを乗り越えた後に出てくるおまけシナリオは幸せな気分になれるものだったため、クリアできて良かったと思いました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

あの日のひとこと

15歳以上推奨・一部残酷描写あり・LiveMaker製・乙女ゲー・
短編・難易度普通・ED3種類・攻略対象1人

女子高生が、電車で出会った少年と関わりを持つようになるという内容です。
ヤンデレ要素があります。

ルートによって、展開が大きく変化します。
登場人物、主に主人公の変わりようにびっくりしました。

このゲームはタイトル通り、「あの日のひとこと」が重要なテーマとなっています。
たった一言でも強い影響を人に与えることがあると、意識されられる中身でした。プレイしながら、誰かと接するときは言動に気を付けなければならないなと考えました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

万妖夏祭り

LiveMaker製・乙女ゲー・現代ファンタジー・短編・
難易度普通・ED6種類・攻略対象2人

夏祭りに来た女の子が、妖怪のいる世界に迷い込むという内容です。
最初の選択肢で、物語が大きく分岐します。

攻略対象の語り方やゲームのデザインなど、和風な雰囲気が心地良かったです。
エンディングタイトルは「終幕」、おまけも「後ノ祭」となっていて、世界観を感じました。

攻略対象の性格は正反対ですが、甲乙付け難いです。
どちらも主人公に対する接し方に優しさがあり、魅力的でした。

1番好きなエンディングは終幕一です。
メインキャラ3人の今後に期待できそうなものでした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.