忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

魂々

756円・体験版あり・残酷描写あり・吉里吉里製・ノベル・現代日本もの・伝奇・
長編・選択肢なし・ED1種類

タイトルの読みは「こんこん」です。
中学生3人が、不思議な現象と関わることになるという内容です。

体験版では、1章全てをプレイできます。
結構ボリュームがあり、きりの良いところで終わるので、まずはこちらを見てみると良いかもしれません。
メイン3人が交流する様子に、青春らしさがあって好きだと思いました。ギャグもあり楽しかったです。

製品版からプレイできるようになる2章では、語り手が変わります。1章を読んでいたときは知らなかったのですが、本当の主人公はこちらでした。
そして、シリアス要素と伝奇要素が強くなります。体験版とかなりギャップがあって驚きました。
1章でもところどころ触れられる場面があったのですが、主人公の秘密がわかります。それに関することで葛藤する様子や、作中で起こる事件は、想像以上のものでした。

また、製品版の1章では、体験版にはなかったスチルが見られます。
見たかった場面のものだったため、嬉しかったです。

紹介ページはこちらです。製作者の方のサイトは残念ながら、現在繋がらない状態となっています。

拍手[0回]

PR

Life School

1050円・体験版あり・吉里吉里製・ギャルゲ・現代日本もの・長編・難易度普通・ED複数

幽霊がいるという噂のある場所に向かった主人公が、そこにある学校で生活している人達に出会うという内容です。
主人公が出会う人達には共通点があります。ギャグもありますが全体的には重い話です。

このゲームはWindows Vistaでプレイしていたのですが、最初は解凍したファイルがデスクトップで見つかりませんでした。いろいろ探してみて、結局はスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」という項目を選び、「lifeschool」と入力して見つかりました。
起動するまでが大変でしたが、ゲームそのものは面白かったです。

ゲームを進めると登場するキャラの過去が分かります。それぞれが一生懸命に生きてきたことが分かって、印象に残りました。
また、物語は最初から最後まで大変な状況なのですが、その中でも皆が楽しんでいる場面もあり、その場面では自分も楽しめました。
スチルも結構多かったです。

途中までは、初実という子が登場人物の中で1番好きでした。序盤での印象が「可愛い」というものだったのもありますが、個別ルートで過去を知ったとき、現実にもこういう人生を送ってきた人がいそうだと感じたからというのもあります。

しかし、ソフィアという金髪の少女のルートを見たとき、彼女も好きだと思いました。
初実と違って、設定は現実離れしているように思えるものでした。けれども、努力してきたことが伝わってきて、いろいろと考えてるんだろうなと思いました。
ソフィアは登場するヒロインの中で、攻略するのが1番難しいキャラです。彼女のルートは、難易度に納得するような内容でした。

このゲームを製作者の方のブログはこちらです。ブログとは別にサイトもあるのですが、サイトは18禁なのでご注意ください。

拍手[0回]

演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す

525円・体験版あり・NScripter製・選択肢無しノベル・現代日本もの・ファンタジー要素あり・
中編・ED1種類

演劇部の活動や人間関係が描かれた作品です。
プレイ後に知ったことですが、演劇部について取材を行ってから製作されたものであるそうです。

演劇部の活動の内容が具体的で、実際にありそうと感じたシーンがいくつかありました。この作品で最も魅力的な点だと思います。
実際の演劇部はさすがにここまではしないだろうと思う部分もありましたが、それはそれで楽しめました。
また、登場人物が一生懸命で、青春を謳歌しているようで、羨ましかったです。

一部、他の作品と関連するシーンがあります。その作品はプレイしていないのでそのシーンについての状況はあまり分かりませんでしたが、燃える展開という印象を受けました。
それ以外のシーンは分かりやすくて、読み進めるのが楽しかったです。

印象に残った場面は電車内でのシーンです。実際には起こらない方が良いシリアスな状況でしたが、キャラの行動やスチルから暖かさが感じられる気がしました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 7 9 11
12 14 16 17
19 21 22 24 25
27 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.