忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

アクマのクスリ。

RPGツクール2003製・現代RPG・学園もの・長編・難易度高・
エンディング2種類(ちょっとした台詞の違いを含めると3種類)

不良の高校生の友情が描かれたゲームです。

途中にクリアしないとストーリーを進められないミニゲームがあります。それが難しくて何回もゲームオーバーになりました。
普段はミニゲームが難しいと諦めることが多いのですが、この作品に関してはストーリーに引き込まれて最後までプレイしたいと思い諦めずに何とかクリアできました。

引き込まれた点に、高校生の友情という点があります。しかし、それ以上にテーマとして語られていた、正義や悪とは何かという点があります。一般的に語られている正義や悪について、いろいろ思うところはあるのですがこのゲームに一部を代弁してもらったように感じました。

最初から最後までプレイして思ったことは、おかしいと感じる人もいるかもしれないのですが、主人公の思考回路が自分と似ているということです。ゲームの途中まではベクトルというキャラが1番好きでしたが途中から主人公の蒼司が1番好きになりました。

また、最初に自分の名前を入力する場面がありますが、主人公ではなく主人公の幼馴染という設定です。本編にはほとんど出てきません。けれども、たまに主人公と電話で話すという役割があり、それが楽しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。


辛かったのはストーリーの分岐点がミニゲームより前の時点にあったことです。一度クリアしていても再度クリアするには時間がかかりました。
ベクトルについては、隠しイベントが好きです。隠しといってもヒントがあったので分かりやすかったです。
蒼司については、過去の話ではまりました。昔の蒼司のような友達が小学生の頃いて欲しかったと感じました。それが不良になった原因と関係あると考えると複雑ですが。
高校生になった蒼司も好きです。ただラストシーンを見て、遊びに行くと言ったのに置き去りにされた感じがしました。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Next:
日本語
Prev:
ぼくとあの子の箱庭絵本
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 4 6
7 9 11 13
15 17 18 20
22 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.