忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

探しものは、夏ですか。

ティラノスクリプト製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

夏休みに田舎へ帰省した男子大学生が、女子高生に出会うという内容です。
主人公である男子大学生は彼女に頼まれ、ビー玉を探すことになります。

あらすじを見たとき、「何故ビー玉なのだろう」という疑問が浮かびました。
起動してタイトル画面を見たときは、夏らしさと田舎らしさのあるイラストに心惹かれました。
この2つが、この作品に興味を持つ主なきっかけとなりました。

中身は、期待通りに夏の田舎の情景が描写されているもので、嬉しかったです。
また、地の文で語られる主人公の心情から、彼が普段は都会に住んでいることを強く意識しました。それによって、「都会」と「田舎」の差異というものを感じました。

この物語において重要なアイテムであるビー玉については、メインキャラ2人を繋ぐ役割を持っていて、秘密を知ったときは、とても大切なものであることが理解できました。
真相が語られるまでの間にはヒントが少しずつ提示されていくのですが、それでも答えは予想外でした。ただ、理由には説得力がありました。

出てくる固有名詞などが作中の設定と合わさっていて、きっちりとした印象を受けました。
終わり方は爽やかで、清々しかったです。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

PR

さよなら初恋

ティラノスクリプト製・ノベル・やや女性向け・現代日本もの・
短編・選択肢なし・ED1種類

女子高生が初恋の相手だった幼馴染に再会するという内容です。
公開されたのは去年で、作中の時期も「平成最後の夏」となっています。

幼馴染は主人公より年上という設定です。そのために存在する2人の間の差が、せつなくも愛おしくもありました。
また、出会っていない期間にあった変化について語られる場面やその後に行われる2人のやりとりについては、優しさがあるように感じました。
全体的には、綺麗な物語だという印象を受けました。

登場人物の表情の変化にバリエーションがあり、眺めるのも楽しかったです。
その中でも、ラストに出てくる主人公の表情が1番好きです。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

隣の家の幼馴染に素直になれないのでラインする。

ティラノストーリー製・ノベル・現代日本もの・短編・
選択肢あり・難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

ゲーム内容はタイトルの通りです。
画面自体もライン風になっています。

ライン上でのやりとりがメインとなっているため、登場人物の本心を推し量ることが難しかったです。
それでも、幼馴染という関係上、お互いのことを悪くは思っていないと考えられて、ハッピーエンドに期待しながらプレイしました。

2人のやりとりは些細なものですが、それが微笑ましかったです。
特にエンド1は、彼らにとって良い1日だっただろうと感じられて、嬉しい気分になりました。

アイコンやスチルなどのイラストが可愛かったです。
また、小ネタが用意されていたことが面白かったです。

製作者の方のブログはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

普通クエスト2nd

RPGツクール製VX・RPG・ファンタジー・中編・難易度普通・ED1種類

「普通クエスト」というRPGの続編です。主人公とその仲間が、お姫様に渡す薬を手に入れるために行動するという内容です。
このタイトルですが、ストーリーやキャラクターの設定その他、普通ではない部分が多くあります。

登場人物の個性が強く、その影響で意外な展開になるところが愉快でした。
主人公の言動は外道ですが、強さもあるキャラクターであるため、ゲームの外から眺めるだけなら許せました。

戦闘はある程度のレベル上げが必要です。レベル上げに関することに言及する場面があり、面白かったです。
ダンジョンは用意されている仕掛けや、入手できるアイテムの説明にネタが入っていて夢中になれました。

製作者の方のサイトはこちらです。ほんの少し、攻略のヒントも載っています。
また、作中に出てくる言葉の説明も載っていたことが楽しかったです。

拍手[0回]

おるすばん

RPGツクールMV製・ADV・現代日本もの・短編・難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

姉妹がおるすばんをするという内容です。
ゲームの紹介ページにも書かれていますが、鬱展開があるので苦手な方は注意してください。

選択肢や主人公の行動次第で、不穏な空気が流れます。プレイを続けていくと理由を察することができるのですが、姉妹が幸せになるための道筋が見えなくて切なかったです。
この物語の1番の救いは、このゲームがフィクションだったことだと思います。

中盤にスチルが出てくる場面があり、それを見て、製作者の方は姉妹の名前を大切に付けたのだろうなと感じました。
一方で、物語の中での名付け親は誰かを考えると、複雑な思いを抱きました。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

Page:

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
7 9 11 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]
[10/24 九州壇氏]
[10/11 レイ]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.