忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

3年2組は狂ってる

15禁・残酷描写あり・LiveMaker製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢あり・
難易度低め・ED2種類(真ED1種類)

いじめによる自殺者が出たクラスで、ターゲットを変えたいじめが再び起こるという内容です。
プレイ前には説明書の注意事項をよく読んでください。

タイトルやオープニング映像から、怖いということは予測できました。
それでも、先を知りたくて最後までプレイしました。

いじめはあってはならないものです。ただ、登場人物たちと同じ立場に自分が置かれたとき、止められる自信はありません。
解決策があってほしいのですが、それを見つけることはとても難しいと思います。

いじめの加害者、主に最初に始めた人が、このような類の物語に触れたとすると、どのような感情を持つのだろうかと気になりました。
触れるにせよ触れないにせよ、やめてもらいたいです。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

オオカミガールと機械人形の嘘つきレクイエム

ティラノスクリプト製・ノベル・現代日本もの・短編・
選択肢なし・ED1種類

おばけが見えると言う少女と、アンドロイドがメインの物語です。
彼女たちは、1人の少年の飼い猫を探す手伝いをします。

立ち絵の表情の変化が多く、タイトル画面やスチルなどのイラストもあり見ていて楽しかったです。
また、和むシーンもあればシリアスなシーンもあり、バランスが丁度良かったです。

アンドロイドには、少女と一緒に過ごす前に仕えていたご主人様がいます。文章でしか登場しないのですが、終盤に出てくる台詞を読んだとき、先見の明があってすごい人だと思いました。
その台詞に関係する場面は、前半の猫を探す場面にいくつか出てくるのですが、これがここに繋がるのかと後から知って、伏線の張り方に驚きました。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

満月の夜に

RPGツクールVX Ace製・ホラー風ADV・現代もの・短編・
難易度やや高め・ED2種類

「満月の夜になると学校に幽霊が出る」という噂を知った女子高生が、事実かどうか確かめようとするという内容です。
彼女は校内で1人の青年に出会い、一緒に探索をします。

調べるべき場所にはきちんと目に見えるヒントが置かれているのですが、はじめのうちはなかなか気付けませんでした。また、暗証番号を入力する場面は特に難しく感じました。
一方、ゲームオーバーがないため安心して進めることができました。1度調べた場所でも時間が経つと変化がある場所がいくつかあり、そこは私にとって嬉しいポイントでした。

探索は基本的に、幽霊のようなものが困っているのでそれを手助けしてあげるといった形でした。
主人公が分け隔てなく接していて、優しい人だと感じました。

終盤になるにつれ、物語の真相が明らかになっていきます。そういうことだったのかと、納得できるような終わり方でした。
エンディングはNOMAL ENDとBAD ENDの2つで、条件を満たすことが必要なBAD ENDを後から見ることになったのですが、これはこれでメインキャラ2人にとっては悪くないことなのかもしれないと思いました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

墓石

LiveMaker製・ホラーノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED2種類(真ED1種類)

女子生徒がお盆にお墓参りをするという内容です。
彼女はそこで1人の少年と出会い、会話をします。

2人の会話の中には、物語のヒントとなるものが複数あります。
それらをもとに、結末の予想を立てながらプレイすることを楽しめました。

物語の真相は、2週目で明かされます。
予想していたものと違って、騙されたと思いました。とはいえ、心地良い騙され方でした。

ジャンルはホラーではありますが、怖さの中にあたたかさも含まれている作品であるという印象を受けました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

あなたのお家へ行っても良いですか?

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・
選択肢あり・難易度低め・ED1種類

大学院生である青年が友人に誘われて恋活パーティーに参加するという内容です。彼はそこで、理想的な女の子と出会います。
選択肢は間違ったものを選ぶと、ゲームオーバーとなります。

第一印象から、ヒロインには何か隠していることがあるのだろうなと思いました。
けれども、それが何なのかは予想できず、答えを知りたくて読み進めました。

理由については、選択肢の後に語られます。プレイする前には想定していなかったもので、意外でした。
きっかけ自体は良いとは言えませんが、主人公、ヒロイン共に正しい道へ進もうとしているようで、ハッピーエンドを迎えて欲しいと思いながら読みました。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

Page:

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9
11 12 14 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.