忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

暗き夜よ、汝の名は女なり

ティラノスクリプト製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

恋人と別れた男性が、夜の街を歩くという内容です。
3つあるエンディングのうちの2つはゲームオーバーです。

画面右上に赤色と青色のゲージが表示されています。これは、主人公を追いかけてくるものを表していて、選択肢によって変化します。ゲージがいっぱいになる前に目的地に辿り着けたら、トゥルーエンドとなります。
このシステムが夜の街の雰囲気とマッチしていて、空気感を楽しめました。

歩いている最中、主人公は何人かの人物と出会います。その人たちとの会話が何を意味するのかは、後半にわかります。
結末を知ると、彼にとっては影響が多いものだったのだろうなと感じることができました。
個人的には、2番目に出会う女性の台詞が特に好きです。彼女が語る過去には、共感できる部分がありました。

読み終わった後タイトルを検索したところ、シェークスピアの「ハムレット」が元ネタとなっていることを知りました(無料動画配信サイトの「GYAO!」で映画を見たことがあるはずなのですがすっかり忘れてしまいました)。
そして、同じ制作者の方の、演劇が題材となったアドベンチャーゲーム「ユーラルーム」を思い浮かべました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

ヤミクイウサギ×2

ティラノスクリプト製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・ED1種類

「ヤミクイウサギ」というノベルの続編です。先に前作をプレイすることを推奨します。

前作はきりの良いところで終わったのですが、この作品では登場人物達の前に、新たな問題が出てきます。そのため、前作のおまけシナリオという立ち位置ではなく、1つの物語となっていました。
また、生きている限り、1つの出来事が片付いたらそれで全てが終わりになることはあり得ないという、現実を見せられたような気持ちになりました。

途中に出てくる選択肢は、どれを選ぶべきか迷いました。とりあえず考えるために1日空けてみたのですが、「絶対に正しい」と確信を持って言える答えは見つかりませんでした。
どれを選んでも結末は変わらず、この「変わらない」という結果のために存在していたことが後からわかり、敬服しました。

マウスポインターが兎の形になっていて、この作品らしさがありました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

結-yui-

RPGツクールVX製・ADV・現代日本もの・短編・難易度やや高め・ED3種類(真ED1種類)

女の子の住む屋敷に、少年が侵入してくるという内容です。
制作者の方の他の作品と関連する要素が少しありますが、単体でプレイしても問題ありません。

謎解きゲームなので、頭を使う部分がありました。
けれども、こういった類のものに慣れている人であれば、さくさく進められるのかもしれません。

初めて見たエンディングはBAD ENDでした。そこでストーリーの真相のヒントとなる場面が出てきて、「そういう話だったのか」と驚きました。
その後、登場人物の人間関係を整理しながらプレイしてTRUE ENDまで見た結果、作中の出来事を通して(メインキャラだけでなくサブキャラを含めて)登場人物全員が前向きな気持ちになれたら良いなと思いました。

ゲームの紹介ページはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

My Lady Lee

NScripter製・ノベル・ファンタジー・中編・選択肢なし・ED1種類

少女と少年が橋に閉じ込められるという内容です。
2人は、外に出る方法を探します。

プレイする前に別のことを調べていて、「ロンドン橋落ちた」という童謡の歌詞に、「Lady Lee」という人名が出てくるものが存在することを知りました。それにより、この曲が題材となっている作品であることに気付きました。
また、「ふりーむ」で他の方が書かれていたレビューを読んで、他にもいくつか元となっているマザーグースがあることを知りました。
おそらく、元ネタを知っているほど楽しめるのではないかなと思います。

マザーグースに関する知識は私にはないので、物語を全て理解するということはできていません。
しかし、奇妙な登場人物や橋の中で起こる様々な出来事に、いつの間にか夢中になりました。

少年はお気に入りのキャラクターです。素直になれない性格でありながら、他人を物理的に傷付けることはしないだろうと思えて、基本的には彼目当てでプレイしていました。
ツッコミ担当だったり周囲からいじられていたり時には少女の手助けをしたりと、いろいろな役割を持っていたところも可愛いと感じました。

メッセージウィンドウが橋の形をしている点や、イラストが綺麗な点も素敵でした。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

さよなら、田中さん

鈴木るりか・小学館・2017年

貧乏な母子家庭で暮らしている女子小学生が主人公の物語です。
彼女の日常生活が描写された、連作短編集です。

この本に収録されているもののうちの1編は、現在公式サイトで全文公開されています。
それを読んではまったので、購入することにしました。

作者は、デビュー当時(去年ですが)中学2年生でした。それにも関わらず、本文から語彙力の高さや言い回しの巧さがうかがえました。
児童書以外の書籍に初めて触れたのが中学2年生の頃だった自分と比較して、読書レベルの違いに驚かされました。

この物語の好きなところは、シリアスな内容を想像しそうな設定でありながらも、話が重くなりすぎていないところです。
登場人物が悩みを抱える場面はあるものの、基本的には前向きに生きているため、希望が持てました。

全5編のうち1番好みだったのは、表題作であり最後に収録されている「さよなら、田中さん」です(この話がサイトで公開されているので、他の短編に触れた際、ネタバレを知った状態で読んだような複雑な気分になってしまいましたが)。
表題作では、語り手が主人公のクラスメイトである男子に変わります。彼の家族関係や学校での人間関係、中学受験に関わる描写に生々しさを感じました。
読みながら、現実はこの物語のようなものだと思えて、感情移入しやすかったです。

拍手[0回]

Page:

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
2 4 6 7
9 11 13 15
17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.