忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

白雪王子は抗えない!

12歳以上推奨・RPGツクールMV製・ADV・ファンタジー・短編・
難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

王子としての試練を受けることになった少年が、森の中へ連れて行かれるという内容です。
一部のみ、イベント戦闘があります。

タイトルからわかる通り、「白雪姫」が元となっています。
林檎や小人といったキーワードは出てきますが、元のお話とは異なった趣がありました。

主人公に対する第一印象は、わがままだというものでした。
しかし、ストーリーを進めていくと、憎めない存在になりました。ルートによっては、同情を禁じ得ない場面がありました。

小人たちが個性豊かで、それぞれに違った魅力がありました。
彼らと一緒にいたとしたら、飽きることがなさそうだと感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

オチルチカ

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子小学生が、彼女を取り巻く周囲の環境について語るという内容です。
「夕焼け空の下」というノベルと関連する要素が一部あります。ストーリー自体は独立しているので、単独でプレイしても問題ありません。

チャット風の画面デザインが目を引きました。女の子らしくて、主人公に似合っていました。

ストーリーはわかりやすくて、親しみが持てました。プレイした後に今までの人生を振り返ってみると、理解をより深めることができると考えます。
程度の差こそあれ、主人公のような変化を経験したことがある人は、結構いるのではないかなと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

蹴られる

LiveMaker製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類(真ED1種類)

主人公が、学校で少年に蹴られるという内容です。
ストーリーを進めることで、蹴られる理由が明かされます。

選択肢によって、主人公の設定が変わります。
けれどもどちらにしても、主人公と少年の身長差など、伏線が張られている部分があり、ゆっくりと読みたくなりました。

後半に出てくる、画面効果が好きです。
欲を言えばBGMが欲しかったのですが、数分で終わる作品なので問題ないかもしれません(効果音はあります)。

個人的には、選択肢は下を後から選ぶことを推奨します。
そちらの方が、現実で起こる可能性が高い(と思いたい)です。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

この感想は自作自演です。カテゴリーも日記・その他にしています。
ずっと前から、自分の作ったノベルに自分自身で感想を書くということをやってみたいと思っていました。「ふりーむ!」にある説明文が少ないのもこのためです。

いつなら許されるだろうかと考えた結果、エイプリルフール及び公開1周年であれば大丈夫かなという結論に達しました。そのため、大目に見ていただきたいです。

拍手[0回]

無理やり主人公

Yuuki! Novel製・ノベル・現代ファンタジー・短編・選択肢あり・
難易度普通・ED5種類(真ED1種類+α)

大学を卒業して就活中の青年が、超常現象に遭遇するという内容です。
彼は、昔から憧れていた「主人公」という存在になるために、自分から首を突っ込んでいきます。

この物語には、アニメやゲームなどのあるあるネタがたくさん詰まっています。それらに抗おうとする、勢いにのまれました。
元ネタについては、いくつかわからないものがありました。おそらく詳しい人であれば、より楽しめると思います。

1周目では間違った選択肢を選ぶとすぐにバッドエンドになるので、エンディングが回収しやすかったです。
2周目では分岐の仕方が変わりますが、ヒントがあったので助かりました。

1周目よりは、2周目の方が好きだと断言します。
追加されるシナリオやスチルがあることに加え、自分を中心に物事を考えていた主人公が途中からは子どもを見守る大人という立場になっていき、感慨深いものがありました。

この作品は、「ふりーむ!」からダウンロードできます。また、本編とは別に、おまけ編なども公開されています。

拍手[1回]

始まる前の小さなお話

WOLF RPGエディター製・ADV・ファンタジー・短編・難易度普通・ED13種類(真ED1種類)

「魔王」を名乗り始めた隣村の村長を、主人公が倒しに行くことになるという内容です。
ver1.20以降であれば、いずれかのエンディングを迎えるとヒントが書かれたテキストがフォルダ内に出てきます。

ストーリーは基本的に、1つの村のみで完結します。
しかし、様々なイベントが用意されていて、探索のしがいがありました。そして、それらを見るたびに、タイトルを意識しました。

プレイの仕方によっては、話しかけたときに台詞が変わるキャラクターが結構います。
それが面白くて、何周でも遊びたくなりました。

ちなみに、END3とEND9が特に好きです。

制作者の方のブログはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 5 7
8 10 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.