忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ホマレズフレンド

LiveMaker製・ノベル・短編・選択肢なし・ED1種類

事情によりサイボーグになってしまった少女とその友人の日常が描かれている作品です。
具体的なジャンルは説明が難しいので、省かせていただきます。

このノベルは、全6話構成となっています。
第1話のラストシーンが、文章から思い浮かべていたものとは異なっていて、興味を惹かれました。
それ以降の展開も、先の読めないものでした。

メイン2人の友情関係は、作ることも維持することもハードルが高いように感じました。
彼女たちは様々な困難に遭遇しますが、お互いに相手を思いやりながらそれらを乗り越えていくので、素晴らしいと思いました。

ピクトグラム風の立ち絵が、眺めていて落ち着けるものでした。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

PR

幼なじみと私とゲームの話

ティラノスクリプト製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・難易度低め・
ED2種類+α・攻略対象1人

女子生徒が幼馴染の男子生徒から、自作のゲームを渡そうとされるという内容です。
ヤンデレがテーマとなっています。

選択肢が現れる前までの幼馴染は、どこにでもいそうな男子だという印象を持ちました。
そのため、選択肢の後の変化にはゾクゾクとさせられました。

エンディングはハッピーエンドとバッドエンドの2つがあります。ヤンデレ要素が強いのはバッドエンドです。
怖さはありますが、相手が好みのタイプでこのゲームに出てくる程度の言動であれば、自分のことを見てくれて嬉しいと感じる可能性もあると思います。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Find~ファインド~

12歳以上推奨・一部残酷描写あり・WOLF RPGエディター・ホラーADV・
短編・難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

女の子がいなくなった兄を探すという内容です。
一部、追いかけられる要素があります。

人間と意志を持った人形が共存する世界が舞台となっています。それによって、魅惑的な雰囲気が醸し出されていたように思います。
登場人物については、主人公に同行する「ルイグ」というキャラクターが特に好きです。

終盤でルートが分岐するので、エンディング回収が楽でした。
トゥルーエンドはEND1です。けれども、1番好みのスチルはEND2に出てきたものです。
また、伏線が細かく散りばめられていて、後から気付いたときは嬉しかったです。

END1で拾える日記を読んで、このゲームにおける悪役的存在の行ったことが酷いと感じました。けれども、もしかしたらその人と似たような価値観を持っていた時期があったかもしれません。
これからは、そのような偏見を持たないように気を付けようと考えました。

ゲームの紹介サイトはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[0回]

おるすばんダイサクセン!

Visual Stadio製・ACT・現代・短編・難易度やや高め・ED1種類

赤ちゃんが兄と留守番をするという内容です。
簡単な操作方法は、説明書に書いてあります。

探索する場所が家の中で、危険性はなさそうだったため、まったりとプレイしました。
進行度によって兄の台詞が変わるところが面白かったです。

ここで感想を書きたいと思った要因は、主に終盤にあります。
戦闘があるのですが、始まるまでの流れや戦闘をせずにゲームオーバーになるときの展開に驚きました。
タイトルや紹介ページを見たときは、そのようなゲームだとは想像もしませんでした。

クリアするまでに時間がかかったので、ランクはEと表示されました。
しかし、敵の攻撃パターンは決まっているので、アクションに慣れている方にとっては、難しくないかもしれません。

このゲームは、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

ラビっとはーと!

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

ぬいぐるみになった主人公が、1人の女の子と出会うという内容です。
主人公は、彼女の成長を見守り続けることになります。

序盤に出てくる女の子とその家族の関係が、これ以上ないのではないかと感じるくらい幸せそうなものでした。
彼女の将来のことを考えると、私の場合は幸せがいつか終わるというバッドエンドしか思い浮かべることができなくて、開始早々泣きそうになりました。

しかし、この物語では奇跡が起こります。エンディングの後に出てくるシナリオまで読んで、すっきりとした気分になりました。
女の子の純真無垢さや、相手を思いやる気持ちなど、自分には足りないものが描かれていたように思います。

かつて、とある同性の先輩から、「ぬいぐるみをあげる」と言われたことがあります。人からものを受け取ることが苦手だった私は、断る口実として、「ぬいぐるみは嫌い」と答えました。
あの時は酷いことを言ってしまったと反省しました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
9 11 12 14
16 17 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.