忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

嗤う月

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

男性が、夜の公園で1人の女性と出会うという内容です。
彼は、女性と会話をすることで、1つの決断をします。

主人公は、ある秘密を抱えています。
中盤でそれを女性に明かすのですが、そのときの一言に衝撃を受けました。

ただし、読み進めると、それを上回る衝撃的な展開になりました。
主人公と女性は、予想以上に近しい存在だったのだと思いました。

作中の時間帯が夜ということもあり、画面は全体的に暗い雰囲気がありました。
ストーリーと合ったもので、文章だけでなくこちらも好きだと感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

世界で一番悲しい笑顔

LiveMaker製・ノベル・現代日本もの・中編・選択肢なし・ED1種類

就職に失敗して毎日パチンコに通っている青年が、公園で1人の女子と出会うという内容です。
彼女と出会ってからは、主人公の生活に変化が訪れます。

説明書等の注意書きにもあったためわかってはいたのですが、第1章の段階では正直、主人公にマイナスイメージを持っていました。
パチンコへの依存の仕方が、あまりにも酷いと感じました。

しかし、ストーリーを進めていくうちに、好感が持てる人物へと変化していきました。
主人公とヒロインの2人は、交流することでお互いにプラスとなる影響を与えていて、そこが魅力的でした。

また、料理の描写が面白かったです。
初めて料理を作る場合だと、このような思考をすることもあるのかと驚く場面がありました。一方で、参考になる文章もありました。

ネタバレになるため多くは語れませんが、エンディングを迎えた後は、頑張って生きようと思えるような作品でした。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

きみと雪どけ

WOLF RPGエディター製・ホラーADV・現代日本もの・短編・難易度低め・ED3種類(真ED1種類)

少年が、普段とは少し様子の異なる自室で目覚めるという内容です。
家の中のものを調べていくうちに、彼は少しずつ過去の出来事を思い出していきます。

開始時は、一見すると、ゲームの舞台となっている主人公の部屋は、幸せそうな空間であるように感じました。
しかし、徐々に変化が起こり、軽めではあるものの、じわじわとした怖さがありました。

窓を調べたときにわかる外の天気がストーリーの進行度によって変わることが、主人公の心情などと重なっているようで、好きな表現でした。

タイトルにある「きみ」の正体は、ダウンロードする前に予想していたものとは異なりました。
けれども、主人公にとって、かけがえのない存在なのだろうなと思いました。

制作者の方のブログはこちらです。

拍手[0回]

しあわせの夢

ティラノスクリプト製・ノベル・近未来・SF要素あり・中編・選択肢なし・ED1種類

男性教師が、高校生時代の先輩と再会するという内容です。本来であれば、ある事情により、2人が再会する機会はないはずでした。

このノベルは章仕立てとなっており、基本的には前半に高校生時代の回想シーンが挟まれ、後半に再会した後の出来事が展開されるという構成になっています。
前半と後半で画面デザインが少々異なるので、どのくらい読み進めたのかという、大体の目安になりました。

先輩は、多くの人が選ばないような行動をとるような人です。
彼女の考えていることは、最後まで読めませんでした。けれども、そこに惹かれました。

先輩の名前に関係している場面が、印象に残りました。
主人公の台詞と、画面演出の両方が好きです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

たゆたう想いのフーガ

WOLF RPGエディター製・RPG・ファンタジー・中編・難易度普通・ED1種類

人形と人形遣いが秘宝を集める旅をするという内容です。
ストーリー性が強く、文章量多めのゲームです。

戦闘で使えるスキルを覚える方法は、大きく分けて2通りあります。
どちらのパターンも、新しい技を覚えるたびにいろいろと試してみたくなるものでした。

慣れないうちはゲームオーバーになってしまうことが多くありました。
しかし、ボス戦以外であれば敵と遭遇しても必ず逃げることができるので、体力が少なくなれば一旦逃走して回復するという手段をとれば、さくさく進められました。

ストーリーは、人形と人間の差異が強調されているものでした。
時折挟まれる回想シーンに、切なさがありました。また、倫理というものについて、考えさせられるものでもありました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 4 6
7 9 11 13
15 17 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.