忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

REset

残酷描写あり・WOLF RPGエディター製・ホラーADV・現代学園もの・短編・
難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

女子校に通う生徒数人が、どこかの廃校に迷い込んでしまうという内容です。
関連作も公開されていますが、単体でもプレイできます。

キャラクターの名前が難しかったのですが、ゲーム内にある「ノート」という項目からいつでも確認できて、安心しました。
また、バッドエンドを迎えるとヒントがもらえることが、嬉しい仕様でした。

登場人物の会話や装備品から、誰と誰が特別に仲の良い友人関係にあるかを認識できました。彼女たちの掛け合いには、パロディを含むネタが挟まれることがあり、面白かったです。
そのおかげで、シリアスな場面では怖さが強調されていたように思いました。

1番始めに見たバッドエンドでは、作中の状況を読み取ることができませんでした。
しかし、残りの2つのエンドでは、タイトルの意味を知ることができました。そして、人との交流の仕方について考えさせられるものがありました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

妹のコミュ力が皆無な件。

ティラノビルダー製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢あり・難易度低め・
ED2種類(真ED1種類)

男子高校生が、人と話すことが苦手で引きこもりがちな妹の手助けをするという内容です。
彼の主な目的は、妹に友達を作ってもらうことです。

妹の発言に、共感できる場面がいくつかありました。特に、携帯電話でやりとりをする際の、返信の仕方については、彼女と同じ理由で迷ったことがよくありました。
そのため、コミュニケーションが苦手になる気持ちが理解できました。

一方で、主人公が妹を見て、「このままでは良くない」と考えていることについても、全くその通りだと思いました。
そして、状況を変化させようと格闘している描写を読むと、妹のことが大好きなのだろうなと感じました。

妹のクラスメイトが良い人で、親しみが持てました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

砂の上の楼閣

15禁・残酷描写あり・WOLF RPGエディター製・ホラーADV・和風・
短編・難易度やや高め・ED2種類(真ED1種類)

楼閣に閉じ込められている少女が、外に出ようとするという内容です。
アクション要素が多めのゲームです。

マップやキャラクターのグラフィックに、惹かれるところがありました。
また、ゲームオーバー時の演出が怖かったです。

敵から逃げるイベントが多くあり、動く障害物を避けながら進めなければならないため、苦戦しました。
けれども、捕まってゲームオーバーになった後、直前から再開できる仕様となっていて、助かりました。

最初に見たエンディングはEND2です。この時は、状況が読み取れない部分がありました。
しかし、END1を見ることで、全ての真相が理解できました。そして、END2は切ないものだったのだと感じました。
この作品には人に危害を与える存在が出てくるのですが、だからといって嫌いにはなれないと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Sカレ、Mカレ

ノベル・現代学園もの・中編・選択肢あり・難易度普通・ED9種類(真ED2種類)・ボイスあり

中学時代のことを後悔している男子高校生が、同じ中学に通っていた女子生徒と関わることになるという内容です。
1章での選択肢次第で、主人公が積極的な性格になる「Sカレルート」と、消極的な性格になる「Mカレルート」に分かれます。

タイトル画面にアニメーションがあったり、ボイスと全く同じタイミングでキャラクターの口が動いたりと、演出面がすごかったです。
また、「フローチャートシステム」というものがあり、自分がどの場面を読んでいるか確認できます。攻略するための参考になり、嬉しかったです。その中でも、既読率を見ることができた点は、読み進める気力にもなりました。

プロローグの時点では、主人公に対してはマイナスイメージを持っていました。
しかし、最後まで読むと、少し勘違いをしていたことがわかりました。

SカレルートとMカレルートで登場人物の印象が変わるところが面白かったです。
個人的にはメイン2人に関しては、Sカレルートの方が将来性がありそうで好みです。けれども、他のキャラクターについては、Mカレルートの方が好感が持てることがありました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[2回]

月の光

百合要素あり・ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・
選択肢なし・ED1種類・ボイスあり

学校を卒業して別々の進路へ進む少女2人が、別れる前に語り合うという内容です。
プレイ開始時にボイスを選ぶことができます(ボイスなしも選べます)。

文章から、2人のこれまでの関係を想像でき、たくさんの思い出を作ってきたんだろうなと考えました。
また、将来について語られる場面もあり、彼女たちが今後歩む人生を追いかけてみたくもなりました。

この物語は、「別れるから悲しい」というだけのものではありません。そこに、好感が持てました。
個人的には、「そのままの君で」という合唱曲を思い浮かべました。このノベルは百合要素ありなので少々異なりますが、歌詞とリンクするような部分が結構あるような気がしました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
10 11 13 15
18 20
23 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.