忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか

池谷考司・幻冬舎文庫・2017年

著者が取材した内容が元となっているエピソードが複数書かれている本です。
テーマはタイトルにある通りです。

本文では、被害者が加害者に抵抗できない理由が書かれている場面がいくつかあります。
その中の大部分を占める、「相手が教師だから」というものは、自分が子どもだった頃のことを思い出すと、納得できました。

「人に嘘をついてはいけない」と習った義務教育を受けていた間のほとんどは、学校の先生の発言は事実だと信じていました。
今でならおかしいとわかるのですが、小学5年生のときの担任が言っていた、「先生の仕事をしていないときは芸名で俳優をしている」ということさえ、本当のことだと思っていました。母親には「先生が嘘をついている」と言われたのですが、当時は世の中には冗談というものがあるということを知らなくて、母親の方が間違っているのだと勘違いをしていました。

この件に関しては、同じクラスだった他の人たちは先生の話を聞いたときに笑っていたので、私が特殊なだけかもしれません。
ただ、この経験から、教師にとっては「冗談のつもり」である言動も、児童・生徒には冗談とは取られないこともあるということが言えると思います。

また、他の理由として挙げられている、当事者以外の周囲の反応に問題があるという点についても、理解できるところがありました。
そして、何かしらの事件が起こったときは、当事者の周囲という立場になる人が1番多いはずなので、それぞれが気を付けなければならないと考えました。

スクールセクハラというものは、どこでも起こる可能性があります。
そのため、この本に書かれていることは、多くの方に知っていただきたいと思います。

拍手[0回]

PR

広島キャラ本 Hiroshima Character Book

ザ メディアジョン・2011年

広島県に関連するご当地キャラが紹介されている本です。中には、他の県が活動の中心となっているんじゃないのかなと思ったキャラもいましたが。
ゆるキャラだけでなく、ご当地ヒーローや萌えキャラなども紹介されていて、その点が面白かったです。

この本の好きな点は、キャラのプロフィールの他に、関連グッズの説明が書かれているところです。入手方法や値段が書かれていて、欲しいと思いながら読みました。
この本を読む前には知らなかったものだと、竹原市のキャラクターの「月野三姉妹」が特に気になりました。

ただ、残念な点もあります。既に終了したイベントや現在では売ってない商品の説明もありました。また、最後のページに福袋プレゼントというキャンペーンについて書かれていましたが、最終締切日が去年の6月でした。応募していても抽選のため当たらない可能性が高かったのですが、もう1年くらい前にこの本の存在を知っていて読んでいたらもっと楽しめただろうなと思いました。

たまたま店で見たのが広島県のキャラについての本でした。しかし、他の都道府県のキャラが紹介されている本も、書店で見かけたら読んでみたいと思いました。

拍手[0回]

女歌

中島みゆき・新潮社・1986年

歌手の中島みゆきが出会った女性について中心に書かれた本です。

「地上の星」という曲が流行っていた頃、たまたま祖母の家にあったものを見つけました。祖母に「持って帰っても良い」と言われたので、家に持って帰って読みました。

章ごとに話が分かれてあり、最初の章はショックな内容でした。しかし、それ以外は楽しめました。
著者が会った人の仕事の様子が書かれていたところが面白かったです。仕事の内容が結構詳しく書かれていて、その部分に関しては職業紹介本のように感じました。そして、生で仕事を見学してみたいと思いました。特に、ホテルで働いていた女性について書かれた章が興味深かったです。

中島みゆき自身のことについて書かれている部分もあります。それを読んで、彼女をテレビで見ることが少なかったことに納得しました。
けれども数年経って、CMに出ていたのを見て驚きました。
 

拍手[0回]

Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 8 10 11
13 14 16 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.