忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

変更

ブログのカテゴリ分けを少し変更しました。
こちらの方が記事を探しやすいかなと思って、今まで年齢制限ありカテゴリに入れていた記事を、それぞれのゲームのジャンルのカテゴリに移動しました。
ただ、変えた方が良いかもしれないと感じた場合は、また変更するかもしれません。

ついでに、前々から長いと思っていた「はじめに」というタイトルの記事も少し変えました。
なくても良さそうだと思った文章をいくつか削除しました。

拍手[0回]

PR

周南市美術展

普段は用事がないときは基本的に外に出ないのですが、前々から行ったことのない場所を訪れ新しい経験をしたいと考えていました。
そして、山口県周南市にある、周南市美術博物館というところへ行ってきました。

先月から予定を立てていたものの、最初は家から出てやっぱり面倒だからやめようかと思い、最寄り駅である徳山駅に到着した後、出口を間違えて道に迷いかけてまたやめようかと思いました。
けれども、駅まで戻り別の出口を通ってしばらく歩いていたら辿り着いたので中に入りました。

当初は、有料の写真展を見ることが目的でした。200円で払えないことはなかったのですが、受付の人に話しかける勇気が出なくて、同時に行われていた無料の企画展を見ることにしました。
周南市に住む方々が製作した絵画と彫刻が展示されたイベントです。

私は美術の授業が苦手だったので、絵のことはほとんど分かりません。それでも、見応えがありました。
自分が描けないものを描けてすごいというのもありますが、テーマ選びの発想自体がすごいと感じるものもありました。
特に、恐竜の絵と、子どもと動物が惑星の上にいる絵が印象に残りました。

彫刻は、カエルが玉入れをしている作品があり、その中に玉を食べようとしているカエルがいて可愛かったです。

余談ですが、周南市自体には小さい頃に行ったことがあります(当時は徳山市でした)。しかし、歩いていて、当時は知らなかったことに気付くことができました。
美術博物館の近くにある高校が、自分に通っていた高校と比べて大きくて驚きました。

大したことのないことかもしれませんが、自分にとっては十分良い経験でした。
結果としては、たまにはあまり知らない土地を歩くことも悪くないなと思いました。

拍手[0回]

余談

前々から、自分がブログに感想を書くものはノベルが多いと思っていました。そして、これからもノベルが多くなる予定です。

理由はいろいろと思いつきますが、1つ挙げるとすれば、基本的にストーリーのあるものが好きだからです。

この記事を書き始めたのは良いのですがまとめ方を考えていませんでした。
とにかく言いたいことは、このブログはRPGやADVの感想を書くこともありますが、ノベルに関する記事が中心になりそうだということです。

拍手[0回]

今のうちに

今までにプレイして感想を書きたいと考えたフリーゲームで、まだ書けていないものがたくさんあります。
全てを書き終わるのは遠い先のことになりそうなので、一部ですが、書きたいと思っているものがどのような作品なのかを書いておきます。

それらは、このブログで記事にしたフリーゲームの製作者の方が作った、別のゲームです。
全てをプレイした訳ではありませんが、プレイした作品は大抵自分の好みに合っています。

おそらく、似たような感情を持つことは私以外の方でもあると思います。
このブログでとりあげていないものも含めて、好きなゲームを見つけた場合、同じ製作者の方が作った別のゲームをプレイするのはいかがでしょうか。

拍手[0回]

読んでいただきたいブログ

今日は、おすすめしたいブログを紹介します。
2006年頃、全国の大学に存在する「CARP」という団体の偽装サークルに参加された方の体験談です。
ペンギン日記」です。

特に、これから大学に行く予定のある中高生、またはその保護者の方に読んでいただきたいです。そのような方が私のブログを見てくださることがあるのかはわかりませんが。

数年前、私もCARPの活動に参加したことがあります。そして、おかしいと思うことがいくつかあって、1か月くらいで離れました。
結構前に記事にも書きました。

CARPを離れた後、インターネットでどのような団体なのか調べました。
いろいろありましたが、今回紹介したブログが大学の長期休暇のときに行われる「万物復帰」という活動の内容などの情報もあり、とても参考になりました。

今はその頃とは変わっている部分もあるかもしれません。しかし、CARPが今も活動していることは確かです。
そのため、以前も書きましたが、CARPという団体が今までどのようなことをしてきたか、多くの方に知っていただきたいです。

CARPは世界基督教心霊統一協会(統一教会)の関連団体です。CARPで会った人からは直接はそう聞かなかったのですが(当時は、「宗教じゃない」と否定されました)。

ちなみに、文鮮明という人の著書をいくつかの駅周辺などで配っている人たちをまれに見かけるのですが、そちらも統一教会です。
配っている間は「著者が統一教会の教祖」だという言葉は一切出てませんでした(ただ、CARPと関わったことがあると言うとその中の1人には自分たちが統一教会であるとは認めてもらえました)。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 7 9 11
12 14 16 17
19 21 22 24 25
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.