忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

トラウマ★エイプリル

15歳以上推奨・LiveMaker製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・
難易度普通・ED4種類(真ED1種類)・攻略対象1人

放送部に所属する女子高生が、テニス部の後輩と関わりを持つことになるという内容です。
数年前、エイプリルフールの企画として公開された作品です。

このゲームで主に好きなのは、主人公です。
共感できる部分と自分にはない魅力の両方を持っていて、彼女が嬉しそうにしているとこちらまで幸せな気分になりました。

ストーリーは、「春」という季節に関する描写が印象的でした。
良いところだけでなく、大変なところも書かれていた点に好感が持てました。

また、攻略対象の言い回しが珍しく、時々驚かされることがありました。

1周目では、大抵の方がバッドエンドかノーマルエンドを見ることになると思います。
しかし、おまけから分岐に関するヒントが見られるので、それを参考にすればエンディング回収に時間がかかることはないと感じます。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

恋の筆触分割

一部残酷表現あり・Ren'Py製・乙女ゲー・現代ファンタジー・学園もの・長編・
難易度やや高め・ED18種類・攻略対象6人+α

美大志望の女の子が、美術館に立ち寄った際に突然異世界に迷い込んでしまうというという内容です。
彼女はそこで美術系の学校に通うことになり、印象派・ポスト印象派と呼ばれる画家と出会います。

各キャラクターは実在した画家がモデルとなっています。ストーリーも彼らの生涯が元となっていて、勉強になりました。

私は元々絵が下手で美術の授業が嫌いだったので、芸術に関する知識がほとんどありませんでした。そのため、プロローグで著名な画家が描いた作品が紹介されていたのですが、最初は頭に入ってきませんでした。
しかし、わかりやすい物語を楽しみ、各ルートのクリア後に見られるようになる解説を読むことで、プレイ後には誰がどの絵を描いたのか理解できるようになりました。

プレイ順については、唯一ある程度知っている人物だからという理由で、ゴッホを最初に攻略しました。
ただ、世界観に関する真相が分かるルートだったので、後に見た方が良かったかもしれないと思いました。

恋愛要素としては、モネの文化祭に関するイベントと、マネのバッドエンドが特に好みでした。
どちらも普段とのギャップがあり、主人公の反応にも興味が持てました。

大体のエンドは、選択肢の後の会話から推測することができます。
けれども、END18だけは難しかったです。ネット上でヒントを調べることによって、1番最後に見るべきルートだということを知りました。
このエンドにたどり着けたときは、清々しい気持ちになりました。

制作者の方のサイトはこちらです。

ちなみに、番外編として公開されている「恋の筆触分割 スペシャルエディション」では、おまけシナリオ等が見られます。
各キャラクターについてのさらに詳しい設定や、このゲームを制作された方々の学校の雰囲気を知ることができ、こちらも楽しめました。

拍手[1回]

紅紫に咲く世界

LiveMaker製・乙女ゲー・和風・短編・難易度低め・ED3種類(真ED1種類)・攻略対象1人

紅い瞳を持っていることが原因で家に閉じ込められている少女が主人公です。
彼女はある日、鬼と出会います。

攻略対象である鬼の姿が美しく、ずっとでも眺めていられそうだと思いました。
見た目も綺麗ですが、性格もあるエンドを除いては素晴らしく、理想的な存在でした。

エンディングは攻略対象の好感度で変わります。
選択肢が分かりやすいものだったため、すぐに全エンドを回収することができました。

また、後日談にあたる「紅紫に染まる世界」という作品も公開されています。こちらはエンディングは1種類です。
けれども、選択肢によってキャラクターの反応に変化があり、面白かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Sweet Love

LiveMaker製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・難易度低め・
ED3種類(真ED1種類)・攻略対象1人

女の子が転校してきた昆布に恋をするという内容です。擬人化ではありません。

乙女ゲーが好きな方には結構有名な作品だとは思います。
それでも、好きだと語りたいゲームです。

キャラグラフィックにもストーリーにもインパクトがありました。
それ以外の部分でも、随処に小ネタが挟まれていて面白かったです。

そして、何よりも魅力的だったのが、攻略対象である昆布の存在です。
トゥルーエンドに進むルートでは、彼の台詞がタイトルどおりに甘くて、恋に種族の違いは関係ないのかもしれないというような気持ちになりました。

元々、私は昆布という食べ物が嫌いでした。
しかし、このゲームをプレイしてからは、食べられるようになりました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

春咲きバレンタイン。

LiveMaker製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・難易度普通・ED3種類

女の子がバレンタインの前日に、昔仲の良かった男の子とのよりを戻そうとするという内容です。

メイン2人は両想いのようです。けれども、すれ違いが起こっていていて、上手く関係を持てない場面もありました。
そのため、バッドエンドには切なさがありました。

立ち絵やスチルには、優しい雰囲気がありました。
本文中ではあまり語られていませんが、2人とも良い人なのだろうと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 10
12 14 16
18 20 21 23
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/22 カミーネ]
[06/15 カミーネ]
[06/14 キョウジ]
[06/02 Low]
[04/23 さっちん]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.