忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ジングル・ベルに君を想う

12歳以上推奨・ティラノビルダー製・乙女ゲー・現代ファンタジー・短編・
難易度普通・ED2種類・攻略対象1人

サンタクロースの女の子が、子どもへのプレゼントを手に入れるために日本へ行くという内容です。
しかし、そこでアクシデントが起こります。

この作品は、サンタクロースと人間の恋愛ものです。
2人の間にはいろいろと制約がありますが、プレイしながら、彼女たちであればなんとかなるだろうと思えました。

立ち絵のないキャラも含み、登場人物が全員良い人でした。
そのため、夢と希望に溢れている作品だと感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

ハロウィンナイト・グリッチ

15歳以上推奨・残酷描写あり・LiveMaker製・乙女ゲー・ファンタジー・
短編・難易度普通・種類難易度普通・ED6種類・攻略対象2人

死後の世界である「ゴーストタウン」に、ハロウィンの日がやって来るという内容です。
ヤンデレ、近親間の恋愛などの要素があるので、プレイされる場合は注意書きを読んでください。

攻略対象は、弟と首のない青年の2人です。
弟の性格が突飛で怖かったので、最初は青年の方を狙っていました。しかし、そちらのルートでも、とんでもない事件が起こりました。
驚きはしましたが、彼らの過去を知ると、そうならざるも得ないのかもしれないと考えました。

登場人物が生きていた頃の回想など、重くて辛い場面が結構あります。
けれども、それらからは決して目を背けてはいけないような気がしました。また、攻略対象が主人公へ向ける想いの強さを感じました。

エンディングの中では、END6が1番好きです。
物語の全容が把握できるルートで、感慨深いものがありました。

コンフィグ画面やセーブ・ロード画面、シナリオ回想画面を表示するとハロウィンらしいイラストが出てきます。
手が込んでいてすごいと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。攻略のヒントも載っています。

ちなみに、番外編である「ハロウィンナイト・グリッチSWEET」も公開されています。

拍手[0回]

プリンセス・ブレンド

ティラノビルダー製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・難易度低め・ED2種類・攻略対象1人

女の子が、普段から女装をしている幼馴染とある勝負をするという内容です。
ブラウザでプレイするタイプの作品です。

メインキャラ2人は、どちらも自身のことを「可愛い」と言っています。
事実なので嫌味がなく、見ていて微笑ましかったです。

攻略対象は、容姿も言動も女の子らしいです。
しかし、トゥルーエンドを見ると、本人は自分の事は男の子だと認識しているのだろうなと思いました。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

純正優男

吉里吉里製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・難易度低め・ED6種類・攻略対象3人

優しい男の子が好きな女子高生が、恋愛に興味を持ち始めるという内容です。
攻略対象を誰にするか選ぶことで、ルートが分岐します。

このゲームは、最初に出てくる設定で苦手な要素をNGにすることによって、それらのシーンをカットすることができます。
いわゆる「地雷」というものがある場合には、便利なシステムだと思いました。また、プロローグの文章が変わることがあり、びっくりしました。

ただ、そのうちの1つである「ヒロイン攻め」という設定については、NGにしない方が楽しいと個人的には感じました。
序盤の回想シーンで主人公の個性が強いところに惹かれたので、彼女が目立つルートが面白かったです。

攻略対象の中では、生徒会長である先輩のルートが好みでした。先輩の容姿、能力、性格どれもが完璧に見えるところに魅力がありました。
それに加え、彼が抱えている問題をヒロインが解決してしようとする展開があり、方法が特殊で笑えました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

かわいそうな魔法

YU-RIS製・乙女ゲー・ファンタジー・学園もの・短編・難易度低め・ED1種類・攻略対象1人

女学生が、女装をして彼女の弟に近付いている知り合いの行動を、やめさせようとするという内容です。
選択肢は間違えるとゲームオーバーになります。

攻略対象の言動は突飛な点はあるものの、主人公が好きだからこそのものであると察しやすかったです。
けれども、彼の抱えている秘密や、恋をした相手が主人公だった1番の理由はなかなか読めませんでした。
少しずつ情報が明らかになっていくので、それを元に予想することが楽しかったです。

主人公は、真面目な性格をしています。
攻略対象とは反対のタイプなので、ストーリーが進むことで、考え方や心情が変化していく過程に、興味を持ちやすかったです。

また、前半と後半では、タイトルの持つ意味が変わります。意味が説明される文章が、心に響きました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
11 12 14 15
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.