忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

END ROLL

15歳以上推奨・残酷描写あり・RPGツクール2000製・RPG・
ファンタジー・長編・難易度普通・ED3種類(真ED2種類)

罪を起こした少年が、ある更生プログラムの実験として、夢の中の世界を探索するという内容です。
ゲームを進めることで、夢の中の住人と主人公との関連性が徐々に判明していきます。

戦闘は各キャラクターごとにアニメーションが用意されていて、格好良かったです。
また、間に主人公の回想などが挟まれることがあり、ストーリーに興味を持てるものでもありました。

このゲームで特に好きな点は、豊富なサブイベントです。
イベントによってマップ上にいるキャラクターなどに変化が起こることが多く、中には主人公のことをより知ることができるものがありました。それに加え、便利なアイテムを入手したり、技を覚えられたり嬉しい要素もありました。
パーティメンバーの台詞が見られる場所も至る場所にあり、少しストーリーを進めるだけでも台詞が細かく変わる点にかなりはまりました。

サイト等にあるこの作品の紹介文は、「絶望系RPG」となっています。
はじめのうちはほのぼのとしたマップが多いのですが、ストーリーが進むと徐々に崩壊していきます。一度訪れた場所に大きな変化があり、衝撃的なものでした。それらはバッドエンドを暗示するものであるような気がして、エンディングを迎えたくないと考えながらプレイしました。
また、主人公が過去に経験した嫌な出来事や罪が描写される場面の中には、現代の日本社会が反映されているものもあるように思えました。

ステータスを強化するアイテムなどがいくつかあり、レベル上げはあまり意識しなくても敵を倒すことができました。そのため、寄り道をしなければ数時間でクリアできるかもしれません。
けれども、世界観に浸っていたくて、数日間プレイしていました。おそらく一通りのサブイベントは見ましたが、まだ試したい会話イベントやおまけの釣り要素・くじ引き要素などが残っていて、後日追加される要素があるそうなので、もう少しプレイする予定です。

エンディングはノーマルエンド1つとトゥルーエンド2つです。ただし、トゥルーエンドに進むルートでは、終盤の選択によって、メインとなる人物が変わります(7人います)。
好みのキャラクターが関わるエンドを見るという選択はできますが、どのキャラも魅力的で1人に絞ることができず、全員分見ました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。
説明書に書かれている制作者の方のサイトには、攻略のヒントも載っています。

2016年7月13日追記……記事を書いた後に知ったのですが、見逃していたイベントがいくつかありました。また、追加要素も公開されました。
遊べる要素が想像以上にたくさんでした。



登場人物の中では動物の飼育員のタバサというキャラが特に好きです。作中でも触れられているのですが、「理想的なお兄さん」といった存在でした。
最初のボス戦に出てくる回想シーンでは、彼に対する主人公の行動が理解の範疇を超えていました。しかし、いくつかのイベントや台詞を見た後だと、その行動を起こしたきっかけとなった感情に共鳴できるような気がしました。

エンディングは、漢方薬局を営む寒照(カンテラ)、警察官のユーミがメインとなるものが特に好みでした。
終盤の展開が、他のキャラとは違った雰囲気があるように感じました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
CANDLE
Prev:
夏色シロップ専門店
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5 7
9 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.