忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

闇色スターナイト

RPGツクールMV製・RPG・ファンタジー・短編・難易度普通・ED1種類

魔物である少年が、アイドルを目指すという内容です。
同じグループに入ってくれるメンバーを集め、コンテストに出場することがゲームの目的です。

「魔物」と「アイドル」という組み合わせに、斬新さを感じました。
人間とは異なる特徴を持ってはいるものの、集まってくるメンバーにはそれぞれ魅力的な個性がありました。そして、本質的には人間と変わらない部分もあるのかもしれないと思いました。

作中では、この物語の世界で有名となっている曲を、キャラクターが歌う場面が出てきます。
実際に歌声が流れる訳ではありませんが、何度か歌詞を見たり、登場人物がその曲について語っていたりすると、段々と良い曲であるように感じました。

経験値は、戦闘だけでなく、街の中にいる人に話しかけたり、お金を払ってステージでライブをしたりすることによっても手に入ります。
この点が、探索が好きな私にとっては楽しいポイントでした。特に、同じ人物でもストーリーが進むと台詞が変わり、その度に経験値を得ることができるところが嬉しかったです。

また、制作者の方の他の作品をプレイしたことがあれば、より楽しめるネタもいくつか用意されていました。
ストーリーに直接の影響はないので、未プレイでも支障はありません。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

コメット☆キャンディ

RPGツクールVX Ace製・RPG・ファンタジー・短編・難易度低め・ED1種類・一部ボイスあり

チョコレート店を営む女の子が、チョコレートの材料を入手しに行くという内容です。
ただし、主人公には秘密があります。

ゲームの最初に、主人公の容姿とボイスを選べます。
パターンが多くてどれにするか迷いましたが、いろいろと試せて楽しかったです。
そして、このシステムはストーリーとも関連があったように感じました。

戦闘はシンボルエンカウントであまり戦わなくてもストーリーを進めることができ、苦になりませんでした。
また、イベントが起こる場所には目印があり、嬉しかったです。

後半で判明する主人公の秘密は、ファンシーな世界観からは想像のつかなかったものでした。
プレイする前は、このような展開になるとは思っていませんでした。

秘密を知った後のラスボス戦では、主人公より敵側に勝って欲しいと考えました。
実際、主人公が勝つことも可能ですが、負けたときの結末の方がどちらかといえば好みです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[1回]

ショコラいろのセレナーデ

RPGツクールVX Ace製・RPG・ファンタジー・短編・難易度低め・ED1種類

女の子がバレンタインのために、「願いの欠片」と呼ばれるものを集めるという内容です。
一般向けですが、人によっては百合と感じるような表現があります。

パーティメンバーは始めからスキルをいくつか覚えていて、戦闘は楽でした。
ダンジョンを探索していると、ボスの弱点が書かれたヒントを見つけられる点も便利でした。

このゲームの特に好きなところは、メイン2人の仲の良さです。
イベントシーンでの会話が微笑ましかったです。また、回想シーンを見て、この2人が出会えて良かったと感じました。

作中にいくつかスチルが出てくる点も楽しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

月葬ノージア

12歳以上推奨・RPGツクールVX Ace RTP製・RPG・ファンタジー・短編・
難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

メイドが王子様の玉の輿に乗ろうとするという内容です。
好感度などによってエンディングが分岐します。

戦闘は易しめで、気楽にプレイできました。
また、戦闘をしなくても見られるルートがあり、エンディング回収がしやすかったです。

前半はコメディ要素が強く、登場人物たちのほのぼのとした会話を楽しめました。
後半からは真剣な話になり、タイトル通りのゲームだったということを実感しました。
トゥルーエンドでの、主人公の台詞が印象的でした。

条件を満たすことによって見られるCGがいくつかあります。どれも可愛いくて素敵でした。
おまけのCGモードにヒントが書かれていたことが嬉しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

あばれブンロク~The Game Warriors~

WOLF RPGエディター製・RPG・近未来・短編・難易度普通・ED1種類

男子生徒が2009年から、ゲームソフトの所持が禁止された2030年の日本にタイムスリップするという内容です。
作中に登場する地名も、実在する場所となっています。

コメディタッチでありながらも、規制というものについて考えさせられる内容でした。
規制をしている側の人物達の対応を見ていると、このような未来にはなって欲しくないと感じました。

これに対して主人公は、出会った仲間と共に立ち向かおうとします。
やり過ぎだと思う場面はいくつかありましたが、確固たる意思を持ち行動していたため、嫌いにはなれませんでした。
このゲームをプレイして思ったことは、きまりごとに捉われずに、何が正しくて何が間違っているのか、自分自身できちんと考えて判断することが必要だということです。

また、アイテムや装備品などには、元ネタがあります。
説明を読んでいると、全体的に製作者の方の好きなものがモチーフとなっていることがよく伝わってきました。

ちなみに、続編にあたる「ゲームウォーリアーズアゲイン~大都会を撃て~」も公開されています。こちらはエンディングが3種類あります。
同じようなテンションの作品で、こちらも楽しめました(どちらのゲームも、単独でプレイしても問題ありません)。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 7 9
11 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.