忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

メダロット

アニメ・アクション・現代日本もの・全52話

このアニメには、作品の過去話にあたるゲームがあるらしいです。ゲームはやったことはありません。しかし、アニメの内容は分かりやすかったです。
この作品は、自分の中では、「正統派少年向けアニメ」というイメージです。

ストーリーは、「メダロット」と呼ばれるロボットでバトルをするというものです。そのメダロットが、感情があって面白いです。特に主人公イッキのメダロットであるメタビーが、ツンデレで可愛いです。
また、主人公達とメダロットの友情が描かれている点や、時々ナレーションで雑学の説明がされる点も好きです。

特に好きなキャラはお金持ちの学園に通っているカリンとコウジです。カリンにはマイペースさに癒され(主に第33話「ロボトルに架ける橋」)、コウジには一生懸命さに心を打たれました。
それから、不良グループ(と書いて正しいのかは分かりませんが)のリーダーであるキクヒメも好きです。話によって可愛いところを見せたり格好良いところを見せたりして、見ていて飽きませんでした。

ストーリーとしてはギャグ回が好きなので、第18話「ロボトル禁止令!」、第44話「アイドルにご用心!」をお勧めしたいです。このアニメがテレビで放送されたのは数年前ですが、この2つの話には今の日本の世相を反映しているようなネタが含まれていて印象に残りました。




この作品には、印象に残ったナレーションの言葉があります。第11話「メタビー、グレる」での台詞です。

「男には、人生で泣いていい時が3度ある。父親を失った時、母親を失った時、そして、タンスの角に足の小指をぶつけたときである」というものです。
話がシリアスな状況だっただめ、3つ目を聞いて「えっ」と驚きました。けれども、かなり痛いことは確かだし、他の作品では聞けないような素晴らしい台詞なのではないかと思いました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
かや姉小さな旅 ~駿豆線に乗りに行こう~
Prev:
広島観光
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5 7
9 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.