忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

春壊譚 ~しゅんかいたん~

RPGツクールVX Ace製・RPG・ファンタジー・短編・難易度普通・ED1種類

ある少女が、春を壊しに行くという内容です。

このゲームでは、主人公のレベルは上がりません。敵が落としたアイテムを使うことで、主人公のステータスが上がります。
慣れるとこのシステムが面白く、戦闘バランスも面倒くさがりな自分にとって丁度良いと感じました。

各ダンジョンの名前や敵キャラは、春に関するものとなっています。
そのため、暖かい雰囲気がありました。

初めてこの作品のあらすじを見たときは、「何故春を壊す必要があるのか」ということが最大の疑問でした。
この答えは、最後までプレイすることでしっかりと理解できました。

メインキャラは、主人公である少女と、彼女に時々絡んでくる人物の2人です。
どちらも、後半で格好良いと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

Cake Make!

WOLF RPGエディター製・RPG・現代ファンタジー・中編・
難易度普通・ED2種類(真ED1種類)

パティシエを目指す青年が、お菓子でできた街に呼ばれるという内容です。
そして、人に頼まれてあるアイテムを取りに行くようになります。

パーティメンバーや敵キャラの名前、アイテム名など、全てがお菓子に関連したものとなっています。
マップもお菓子がモチーフとなっていて、どれを見ても可愛さがありました。

ダンジョンは、一部謎解きがあります。ヒントが多かったため、詰まることがありませんでした。
メニュー画面から「相談」というコマンドを選ぶことで見られる、パーティメンバーの会話も参考になりました。

ノーマルエンドだけだと、ほのぼのとした物語で終わります。
しかし、トゥルーエンドに進むルートでは、舞台となっている街の秘密がわかり、大変な部分もあるように思いました。

いくつかあるサブイベントも楽しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。
ある条件を満たすことで、おまけページが見られるようになります。本編のみではわからなかった情報も載っています。
その中に、この作品において重要なものも含まれているように感じました。

拍手[0回]

みなみのしまのまほうつかい

RPGツクールVXAce製・RPG・ファンタジー・短編・難易度低め・ED1種類

魔法使いとその弟子が、実験に失敗して南の島へ飛ばされるという内容です。
2人は、家に帰るために必要なアイテムを集めることになります。

この作品はコメディです。
メイン2人の掛け合いが微笑ましかったです。師弟関係ではあるものの、お互いに気を遣っていない様子に惹かれました。

ゲームを進めるために必要なポイントが分かりやすく、探索が簡単でした。
また、戦闘は必要最低限のものでもクリアでき、こちらも難易度は高くありませんでした。

ラストに出てくる一枚絵も素敵でした。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

黄昏兎と星降る丘

WOLF RPGエディター製・RPG・ファンタジー・中編・難易度普通・ED1種類

老夫婦が想い出の場所を訪れに行くという内容です。
獣人がメインキャラとして出てきます。

戦闘は、始めのうちは厳しい部分がありました。しかし、後半からは回復アイテムが入手できる確率が上がり、プレイしやすくなりました。
(最初のバージョンでの印象です。今のバージョンでは戦闘バランスが修正されているそうです)

ストーリーは、「死」というものが大きく関わってくるものでした。
老夫婦はそれにしっかりと向き合っていて、切なさはあるものの、その中に穏やかさもあるような気がしました。

高校生の頃、倫理か何かの授業で、「リビング・ウィル(生前の意思)」という言葉を習いました。
それを体現したものが、このゲームであるように感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ダメダメなキミとファンタジー。

RPGツクールVX Ace製・RPG・現代ファンタジー・中編・難易度普通・
ED1種類(ただしED後に個別イベントあり)

ひきこもりの男子高校生が、親友とともにファンタジーの世界に迷い込むという内容です。
ストーリーは基本的には一本道です。しかし、メインキャラの中に主人公への好感度が高いキャラクターがいると、個別イベントが起こることがあります。

RPGですが、主人公は戦闘に参加しません。これがかなり衝撃的でした。
仲間を引っ張っていくようなタイプではないものの、皆の中心的位置にいて、大事にされているように感じました。
また、旅を通して成長していくので、戦わなくても主人公らしかったです。

戦闘では、パーティメンバーの中から参加するキャラクターを4人選ぶことになります。ただし、戦闘中に入れ替えることができます。
こういったタイプのゲームでは誰を選ぶかなかなか決められない自分にとって、嬉しいポイントでした。様々なパターンを試しながら戦い方を模索することができ、面白かったです。

ストーリーは、基本的にはコメディ寄りです。キャラクター同士の会話から、明るい印象を受けました。
けれども、終盤には哲学的な要素も出てきます。ボスキャラがある単語を何度か口に出すのですが、それに関する定義を問われているような気持ちになりました。

好感度イベントは、1周目はいろいろなキャラクターの反応が見たくて、特定のキャラクターのみの好感度を上げるということはしませんでした。
そのような場合でも、おまけ部屋や2週目引き継ぎ要素により、見られなかったイベントをすぐに全て回収することができたため、楽にプレイできました。

個人的には、親友に関するイベントが特に好きです。最初と最後で、主人公の変化が1番大きかったように見えました。

制作者の方のブログはこちらです。

拍手[0回]

以下ネタバレ

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
10 11 13 15
18 20
23 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.