忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ICE man

RPGツクールVX Ace製・ADV・ファンタジー・短編・難易度低め・ED1種類

主人公が、一風変わった酒場に立ち寄るという内容です。
日本語と英語でプレイできます。

ゲーム紹介ページにあるキャッチコピーには、「貴方も"ICE"を言いたくなる」とあります。プレイしてみるとまさにその通りの中身でした。
意味が理解できると、じわじわと来るものがありました。

初回は英語でプレイし、訳がわからなかった部分は2週目に日本語でプレイして確認することを推奨します。
シナリオの都合上、英語の方がコンセプトがわかりやすいと思います。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

PR

月夜と思い出

WOLF RPGエディター製・ADV・現代日本もの・短編・難易度普通・ED2種類(真ED1種類)

少年が、ある事情により家の中をいろいろと調べるという内容です。
詳しい状況は、ゲームを進めると明らかになります。

オブジェクトによっては、調べたときに出てくる文章が2回目以降に変わることがあります。
そのため、隅々まで探索した方が、トゥルーエンドに辿り着きやすいと思います。

作中に出てくる日記から、いろいろと想像して楽しむことができました。
バッドエンドで判明した真相は、予想していたものと違っていて、びっくりしました。
その後トゥルーエンドを見て、すっきりしました。

このゲームは、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

終末セカイ

RPGツクールMV製・ADV・現代ファンタジー・一部ホラー要素あり・
短編・難易度普通・ED1種類

女子中学生があることをきっかけに、現実とよく似た別の世界へ迷い込むという内容です。
ほんの少し、追いかけられる要素があります。

作中に出てくる異世界は、主人公の過去と大きな繋がりがあります。探索することによって、彼女のことを少しずつ知ることができました。
個人的には、2番目に出てくる世界で鍵を握っている存在に衝撃を受けました。その存在の現実での扱われ方に、一部自分にも心当たりがありました。

後半では、主人公は異世界での体験を通して、他の人に対してある行為をするようになります。それは、私にとってはまだ難しいことです。
しかし、このようなことができるようになれたら、人として進歩できる気がします。

このゲームは、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

302号室

WOLF RPGエディター製・ADV・現代日本もの・短編・難易度普通・ED5種類

部屋で目覚めた男性が、自分のことを思い出そうとするという内容です。
すぐに家の外に出ることもできますが、いろいろと調べることで物語の全容がわかります。

探索は、フラグを立てることで調べられるものが増える場合があり、状況を少しずつ知ることができる点が楽しかったです。
また、ミスリードも用意されていたところが好きだと思いました。

進行度によって、主人公の心情に変化が現れます。
それによって迎える、ED3、ED4、ED5が印象的でした。

この作品は、「ふりーむ!」で公開されています。

拍手[0回]

魔王とねこづくり

RPGツクールVX Ace製・ADV・ファンタジー・短編・難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

魔王が、大好きなお姫さまのためにねこをつくろうとするという内容です。
以前も公開されていましたが、現在のバージョンでは、新しく追加されているものがいくつかあります。

このゲームに出てくるねこは、普段の生活見かけるような猫とは異なりました。
そのため、どのようなねこができあがるのだろうかと、期待しながらプレイできました。
また、アイテムを入手する手段が様々で、1つのマップでもいろいろなイベントを楽しめました。

キャラクターが個性的で、会話も面白かったです。
1番目立っていたのは、ハッピーエンドで登場するキャラクターだったように思います。

バッドエンドを迎えたときや画面左上に表示されるものに、エンディング分岐のヒントがあったところがありがたかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 5 7
8 10 11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.