忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

苦しみの無い世界

15歳以上推奨・WOLF RPGエディター製・ADV・SF・短編・難易度普通・ED2種類

現実が嫌になった主人公が、人と関わらない特殊な空間で生活するという内容です。
主人公と人工知能を持つ魚を会話させることで、ストーリーが進みます。

マップ上にあるものを調べたときに出てくる文章は、ストーリーが進むことで徐々に増えます。世界観を少しずつ知っていく楽しみがありました。
また、幻想的なデザインで、この作品の舞台となっている場所が特別な場所だと感じることができました。

このゲームをプレイして、学校に通っていた頃に習った、「マズローのピラミッド」という言葉を思い浮かべました。
マズローは人物名であり、彼の考えたピラミッドとは、人間の持つ欲求について説明したものです。

ピラミッドの1番下にあたる人間が持つ最初の欲求は、生理的欲求とされています。生理的欲求がある程度実現すると1つ上の安全欲求、それが実現するともう1つ上の社会的欲求(学校では所属欲求と習いました)といったように、人間は段階的に欲求を持つようになるという主張です。
わかりやすい説明が書かれているサイトはこちらにあります。
※あくまでもマズローという一個人による意見であり、これが正確なものであるという訳ではありません(私としては今までの経験上、この考えには同意ですが)。

このゲームの主人公の場合、作中に出てくる場所を利用した目的は、「安全欲求」を満たすことだったと考えます。
理由は、タイトルにある「苦しみのない世界」を求めていたからです。また、作中で、「傷付けられたくない」といった言葉が出てきたからというのもあります。

本編で語られるのは、「苦しみのない世界」に辿り着いた後の物語です。つまり、安全欲求が満たされた後の話です。
序盤は、目的を達成できて十分なようにも見えます。しかし、ストーリーが進むと、マズローのピラミッドと同じように、次第に所属欲求が出てきたように思えました。主人公になったつもりでプレイしていると、これをより実感できると思います。

作中では、この状態から脱却するための選択肢が1つだけ用意されています。
両方の結末を見て、どちらの行動を選んだ方が良かったかは判断できないように感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

PR

バグ=デバ

WOLF RPGエディター製・ADV・現代ファンタジー・短編・難易度普通・ED2種類(真ED1種類)

フリーゲームを作っている女の子が主人公です。
あることをきっかけに彼女は、自分の作ったゲームの世界に入り、バグを探すことになります。

全てのバグを見つけるためには、細かいところまで調べる必要があります。
隠されている要素を探す楽しみがありました。実際のゲームだと進行できなくなるものもあれば、見つけると面白いと思えるから個人的にはあっても良いというものもありました。

作中ではある程度、ヒントを見ることができます。バグを見つける前と後では、文章が変わります。
見つけた後に出てくる解説が、状況を想像しやすかったです。

用語集も用意されていて、ゲーム作りの大変さがよくわかりました。
1つの作品をつくり上げるというだけでも気力やツールの使い方を理解する力など必要なものがたくさんあるのに、その上、何度もテストプレイをして問題がないか確かめるというのは、すごいことだと、改めて感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ユーラルーム

RPGツクールVX Ace製・ホラー風ADV・洋風・短編・
難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

劇団員の見習いが、化け物がいるといわれる劇場の地下水路に忍びこむという内容です。
追いかけられる要素がありますが、出現する要素はわかりやすく、すぐに逃げ切れるようになっています。

登場人物の台詞や舞台裏の様子など、演劇に関する要素が多くあります。
軽く興味を持っている場合であれば、イメージ通りと受け取るのではないかなと思います。

ストーリーが大きく動くのは、主人公が地下水路に入ってからです。
そこで登場するヒロインの話し方には珍しい特徴があり、主人公との会話が面白かったです。

このゲームについて最も語りたいのはオチなのですが、ネタバレになりそうなので詳細は伏せます。ただ、水路を歩いているのみの場面に伏線となる演出があった点がすごいと思ったとだけ書いておきます。
エンドの中では、グッドエンドが1番盛り上がりがあって好きです。

説明書の下方には、参考資料が載っています(クリア後閲覧推奨とのことです)。
これらを知っていれば、より楽しめそうです。私が知っていたのは1つだけだったのですが、それに関する場面が出てきたときは嬉しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

村雨

15歳以上推奨・残酷描写あり・RPGツクール2003製・ADV・
現代日本もの・中編・難易度やや高め・ED3種類(真ED1種類)

修学旅行のためバスに乗っていた生徒たちが、事故に巻き込まれるという内容です。彼らは、偶然近くにあった村に寄ることになります。
アクション要素がいくつか含まれます。

舞台となっている村には、大きな秘密があります。人間の怖さに関するものです。
こういったタイプのストーリーが好みなので、真相に近付くにつれ、気分が高揚していきました。
また、登場人物たちの人間関係が興味深く、少しずつ見えてくる彼らの本音を知ることが楽しかったです。

そして、トゥルーエンドの最後に出てくる文章が衝撃的でした。
プレイしたのは数年前なのですが、このラストシーンははっきりと覚えています。

このゲームには、1度見たイベントをスキップできるアイテムが存在します。
かなり便利で、2周目以降をプレイするときに嬉しい機能でした。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

柳太郎伝記~奇住山編~

WOLF RPGエディター製・ホラーADV・和風・短編・難易度やや高め・ED1種類

陶芸家とその弟子が、異世界に入ってしまい事件にまきこまれるという内容です。
単体でもプレイできますが、前作をプレイした後の方がより楽しめます。

アクション要素が多く、このシリーズの作品の中では1番難しかったです。
とはいっても、前半を乗り越えられれば後はなんとかなりました。

また、このゲーム独自のシステムが少しあります。こちらについてはわかりやすかったです。
使用することによって先に進められる面白さも感じられました。

今作では、弟子がストーリーに大きく関わってきます。
これまで知らなかった設定を見ることができて嬉しかったです。彼女は、好感が持てる性格でした。

前作のヒロインと主人公の関係は、今回も描写されています。それが嬉しかったです。

イベントシーンで挿入される一枚絵に、印象的なものが多くありました。

制作者の方のブログはこちらです。攻略のヒントも載っています。

拍手[1回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
10 11 13 15
18 20
23 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.