忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

皆を愛したサンタ・マリーア

残酷描写あり・RPGツクール VX Ace製・ホラーADV・洋風・
短編・難易度低め・ED2種類(真ED1種類)

少年が、同じ孤児院で生活している皆と宝探しをして遊ぶという内容です。
宝を見つけることで、ゲームの世界観が判明します。

登場人物たちの容姿がかわいらしかったです。
しかし、彼らの抱えている秘密は、容姿からは想像のつかなかったものでした。

作中には、残虐的な行為に関する描写が多くあります。
見ていてきつい部分はありますが、だからといって完全に否定することはできないように感じました。
また、タイトルにもなっている「サンタ・マリーア」という人物は、全てを知った上で皆を見てきて、ずっと辛かったのだろうなと思いました。

トゥルーエンドは、ノーマルエンドを見た後に辿り着けるようになります。
このシステムのおかげで、ラストはすっきりとした気分になれました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

カエリミチ

RPGツクールVX Ace製・ホラーADV・現代日本もの・短編・
難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

男性が会社から帰宅するという内容です。
どこへ移動するかという選択肢を選んで進めるタイプのゲームです。

ゲームを進めることで、作中では徐々に不穏な出来事が起こります。
背景が実写で、リアリティがありました。また、同じ場所でも進捗状況によって変化があることで、より怖さが際立っているように感じました。

バッドエンドは終盤の選択肢で分岐するので、エンディング回収が楽でした。
基本的にはいつでもセーブできるのも助かりました。

もし主人公と同じ状況に自分が実際におかれたら、バッドエンドになる行動を取ってしまいそうな気がしました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

以下ネタバレ

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…

WOLF RPGエディター製・ホラーADV・現代日本もの・短編・難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

ゲーム内容は大体タイトルの通りです。
価値のあるといわれる、ペンダントを見つけることが目的です。

このゲームは、パロディがメインとなっています。アニメや小説、有名人の発言など、様々なジャンルのものが元ネタとなっています。
元ネタが有名なものが多かったのでわかりやすく、楽しかったです。また、初公開されたのが2014年ということもあり、今となっては懐かしさを感じるものもありました。

時折選択肢が出てきますが、エンディング分岐には影響がありません。
ただ、これにもパロディが多く含まれていて、どの選択肢もその後の反応が気になるようなものでした。

主人公には、漢字が苦手という設定があります。これは、後々、ストーリーに関わってきます。
始めはネタだと思っていたものがシリアスな展開に繋がっていたところに、意外性がありました。

1週目では、いくつかの謎が残るエンドに辿り着きました。
しかし、そのラストで、トゥルーエンドのヒントとなる会話が見られたので、エンディング回収をしやすかったです。
トゥルーエンドは、この作品の中で最もホラー要素が強かったように感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

遅刻の黙示録

RPGツクールVX Ace製・ADV・現代・短編・難易度普通・ED4種類(真ED1種類)

遅刻魔の男性が、友人との約束に向かうために家を出るという内容です。
約束に遅れないようにすることが、ゲームの目的です。

制限時間はないので、ゆっくりプレイしても問題ありません。
けれども、序盤に出てくる台詞を見て、なんとなく急がなければならないという気持ちにはなりました。
そして、気が付いたらクリアしていました。

設定上、トゥルーエンドを迎えるためにはしない方が良い行為がいくつかあります。
わかりやすいものでしたが、誘惑させられるような面がありました。

時折描写のあった、主人公の家族関係が興味深かったです。
また、どのルートでも、主人公と友人とはものすごく仲が良いように見えました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

以下ネタバレ

家から歩いてすぐのところに魔物の住処がある

RPGツクールVX Ace製・ADV・現代・短編・難易度低め・ED1種類

自称勇者が、魔物を倒しに行こうとするという内容です。
説明書にも書いてありますが、マップ上にあるものを全て調べることで全体的なストーリーがわかります。

この作品の最大の特徴は、オチにあります。
ラストシーンを見た後、もう一度はじめからプレイしました。そして、作中に出てきた武器や鐘の音が、最初に説明を見たときに考えていたものとは異なる意味を持っていたとわかりました。
また、ゲーム自体は2Dであるものの、2周目のプレイ時には、頭の中では情景が実写映像として再生されました。

本編では語られていませんが、主人公が勇者だと名乗るようになったタイミングがいつだったのかを知りたくなりました。
「魔物」と呼ばれる存在がきっかけだったのか、それより前からだったのかによって、「魔物」やその住処に対するイメージが変わりそうな気がしました。

難しい要素は全くなく、数分でクリアできます。
タイトルからは想定していなかった展開だったということもあり、普段は勇者や魔物が出てくるような物語には触れないという方にも、おすすめしたいと思いました。

このゲームは、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
10 11 13 15
18 20
23 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.