忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

Teufel Teich~嗟嘆の湖~ 研修篇

12歳以上推奨・残酷描写あり・NScripter製・ノベル・現代日本もの・長編・選択肢なし・ED1種類

製薬会社の新人研修に参加した人たちが、ある事件に巻き込まれるというストーリーです。

難しい漢字や単語が多く、携帯電話の辞書機能で調べながらプレイしました。
読み終えるまでには時間がかかりましたが、先の気になる展開が続く内容でした。

事件が起こる前から怪しい雰囲気が出ていて、製薬会社がどのような謎を持っているのか気になりました。
主人公と共に研修に参加したメンバーについても、どこかで製薬会社と繋がっているのではないかと、全員を疑っていました。

上記のことは、決して悪い意味で書いたわけではありません。
というのも、人間に対する恐怖を描写した創作物は私の好み(好きなのはフィクションのみ)です。
登場人物がどのような思想を持っているのか、次に起こす行動は何か、といったことを考えるのが楽しかったです。

この作品は、一定の条件を満たすごとにおまけシナリオが読めるようになります。
おまけシナリオは、本編を読んでいたときに登場人物に対して持ったイメージを大きく変えるものでした。

この作品は、「ふりーむ」からダウンロードできます。




おまけシナリオを読んで特にギャップを感じたのは奥戸というキャラです。
本編では、「何を考えているのかわからないけれど主人公に対して酷い気がする」という印象でした。
しかし、彼視点のシナリオを読んで、頭の中で考えていることが自分とほぼ同じで驚きました。表面的な性格は私とは正反対なのですが。
本編とは別の意味で怖かったです。

おまけシナリオには、もう1つ面白いと思った点があります。それは、研修前の描写です。
登場人物たちの意外なつながりを知ることができました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
読んでいただきたいブログ
Prev:
金の童話
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 6 7
10 11 13 15
18 20
23 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.