忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

strange arouse anonymous [# another]

ティラノビルダー製・ホラーノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

オンラインゲームのオフ会に参加したメンバーが、怪談話を聞くことになるという内容です。
「strange arouse anonymous [# watch]」の続編にあたるため、そちらを先にプレイしているとより楽しめます。単体でプレイしても問題ありません。

1番印象が強かったのは、前作にも登場した人物です。彼女の怪しさが増していて、何者なのだろうと思いました。
ちなみに、この作品には続編があります。そちらもプレイしたくなる終わり方でした。

文章の一部には、プレイヤーに向けて語りかけてくるようなものが含まれています。
そのため、物語に興味を持ちやすかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

PR

夜半の夏、地下鉄にて

ティラノビルダー製・ノベル・SF・短編・選択肢なし・ED1種類・ボイスあり

男子高校生が、地下鉄で昔の知り合いと再会するという内容です。
彼は、知り合いである少女に、ある事実を告げられます。

地下鉄内のシーンと回想シーンで、少女の絵のタッチが異なる点が印象的でした。
また、文章が縦書き表示で雰囲気があり、読みやすかったです。

少女が語りかけてくる事柄が唐突だったので、はじめは戸惑いました。しかし、読み進めていくと、作中の状況をプレイヤーが把握するために意味があったことがわかりました。
ストーリーの中では、登場人物2人の関係性が描写されています。最後まで読むと何ともいえない気持ちになったのですが、何らかの可能性が表示されていたように思います(感想をきちんと言葉にできていなくてすみません)。

この作品は、「ノベルゲームコレクション」で公開されています。

拍手[0回]

かげろうに咲く花

吉里吉里製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

主人公の目の前に、会えないはずの妹が現れるという内容です。
彼らはともに些細な日常生活を楽しもうとします。

途中まではおそらく、妹が可愛いと考えながらプレイしていたと思います。
「おそらく」というのは、終盤に衝撃を受けすぎて、それまでに持っていた感想を忘れたからです。

序盤に出てくる、ミスリードとなる文章に騙されました。しかし、最初から読み返してみると、ラストのヒントとなる場面がいくつかありました。
一本道の物語ですが、周回プレイが楽しめる作品だったように思います。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

魔法の鏡はかく語る

15歳以上推奨・WOLF RPGエディター製・ノベル・ファンタジー・
短編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類

童話「白雪姫」モチーフとなっている物語です。
セーブ・ロードなどの操作方法は、説明書に載っています。

このノベルでは、魔法の鏡が主人公となっています。
脇役に焦点が当たっていて、有名な物語が元となっていながらも、目新しさがありました。

END1は原作に忠実なルート、END2はこの作品独自の展開があるルートでした。
個人的にはEND2が特に好きです。演出が凝っていて、鏡に引き込まれそうだと思いました。

制作者の方のブログはこちらです。

拍手[1回]

日廻り~HIMAWARI~

Light.vn製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類・ボイスあり

少年が夏休みに、母親の実家に行くという内容です。
近くのヒマワリ畑で彼は、1人の女性と出会います。

背景だけでなくメッセージウィンドウなど、画面全体にヒマワリの絵が使用された演出があり、印象に残りました。
また、ボイスを聞き逃してしまっても、バックログ機能から再生できるところが便利でした。

「登場人物同士が夏休みに出会う」という設定から、最後に2人が別れて物語が終わるだろうと考えていました。しかし、そのように簡単に予想できる展開ではありませんでした。
このあたりに、タイトルの漢字が「向日葵」ではない意味があったのだと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
5 7 9
11 13 15 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.