忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

オカルト対策委員会 偽物の預言者

残酷描写あり・YU-RIS製・ホラーノベル・現代学園もの・短編・
選択肢あり・難易度普通・ED6種類(真ED2種類)・ボイスあり

男子生徒が、「オカルト対策委員会」というものに所属することになると思います。
ある日、彼の元に、女子生徒が相談をしに来ます。

女子生徒の相談内容は、自分と友達が、「預言者」を自称する人物に、死ぬ時期を言われたというものです。
「預言者」の発言が謎めいていて、目的が読めませんでした。

どのルートでも原因と結果がはっきりとしている点と、エンドによっては、他のエンドを連想させる場面があった点が特に好きです。

バッドエンドはスチルがグロテスクで、ホラー要素も強かったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

PR

人間ぎらいの魔王

吉里吉里製・ノベル・ファンタジー・短編・選択肢なし・ED1種類

人間と離れた場所に暮らしている魔王が、1人の女の子と出会うという内容です。

影絵でできた立ち絵とその動きを見て、昔NHK教育の「こども人形劇場」という番組で放送された、「パンをふんだ娘」というサブタイトルの回を思い出しました。
また、文章はですます調で書かれていて、絵本のような印象を受けました。
とはいえ、全体的なストーリーは子ども向けではなく、この作品独自の魅力があったように感じました。

ある日、2人の間に問題が起こります。そこからの展開にはまりました。
タイトルには「人間ぎらい」とありますが、本当はこの物語の魔王は人間のことが好きなのではないかなと考えました。

最初から最後までシリアスな作品でした。
製作者の方のノベルで初めてプレイしたものはコメディだったため、そちらとのギャップがありました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Present

もっとちっちゃいab製・ノベル・短編・選択肢あり・真ED1種類

プレイヤーがいろいろな人から、いろいろなものをくださいとお願いされるという内容です。
「ください」と言われたものをあげるかどうかを選ぶことによって、ストーリーが進みます。

それぞれの選択肢は、前後の選択肢と繋がりがあります。そして、最後の選択肢は、最初と繋がりがあります。
この意味がわかったときに、すごいと感じました。

作中で、「ください」と言われるものは、あげたくないものばかりでした。
これらをあげても良いという人は、善意からその意思を表示しているのだと思います。

けれども、読み進めていくと、その善意が原因で別の人が傷付く結果になる場合があるとわかります。
世の中にとって正しい行為とは何か、考えさせられるような作品でした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ジャミと呼ばれた妖怪

ティラノビルダー製・ノベル・現代伝奇・短編・選択肢なし・ED1種類

妖怪が1人の女子中学生と出会うという内容です。
ダウンロード版とブラウザ版があります。

この物語の主人公である妖怪は、人に危害を与える存在ではありません。
そのため、全体的に落ちついた雰囲気があり、安心感を得ることができました。

主人公は少女と関わることで、心境に変化が現れます。
これは、相手が彼女以外だったら起こらなかったことであるような気がしました。

序盤で少女に関する描写を読んだときは、「変わっている」くらいにしか考えていませんでした。しかし、読み進めていくと、それだけではないとわかりました。優しくて前向きで、人を惹きつけるような魅力を持っているように思いました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

月夜の蝋燭

NScripter製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・真ED1種類

親友を亡くした主人公が、その日の出来事を書き残すという内容です。
選択肢はありませんが、2周目ではラストにほんの少し変化があります。

このノベルには、文章にある仕掛けが隠されています。
製作者の方の他の作品を知っている身としては、期待通りのものでした。

以前公開されていた作品の影響で、今回に限っては、オチはすぐにわかりました。そして、気付いたからこそ、読み進める楽しみが大きかったです。
こういった発想は持っていても、実際に形にすることは難しいと思います。それを実行して最後まで書き切ることができるということが羨ましいです。

プレイ時間は数分程度です。けれども、製作された時間は結構かかっていそうだと感じました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 7 9 11
12 14 16 17
19 21 22 24 25
27 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.