忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ラビっとはーと!

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

ぬいぐるみになった主人公が、1人の女の子と出会うという内容です。
主人公は、彼女の成長を見守り続けることになります。

序盤に出てくる女の子とその家族の関係が、これ以上ないのではないかと感じるくらい幸せそうなものでした。
彼女の将来のことを考えると、私の場合は幸せがいつか終わるというバッドエンドしか思い浮かべることができなくて、開始早々泣きそうになりました。

しかし、この物語では奇跡が起こります。エンディングの後に出てくるシナリオまで読んで、すっきりとした気分になりました。
女の子の純真無垢さや、相手を思いやる気持ちなど、自分には足りないものが描かれていたように思います。

かつて、とある同性の先輩から、「ぬいぐるみをあげる」と言われたことがあります。人からものを受け取ることが苦手だった私は、断る口実として、「ぬいぐるみは嫌い」と答えました。
あの時は酷いことを言ってしまったと反省しました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

右に人間、左には猫、私の耳に届く声

ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子高生がある事情により、猫を拾うことになるという内容です。
作品紹介ページの説明にも書いてありますが、「背景画像が語り部」となっています。

一般的なノベルとは少々異なる特徴がありますが、読み始めるとすぐに慣れました。
視点変更があったとき、誰の目線で語られている文章なのかが理解しやすかったです。

ストーリーは、登場人物それぞれの思惑が交錯している様子が印象的でした。その中でも、女子高生の内面の描写が、彼女らしさを表しているように思えたため特に好きです。
終盤は、心があたたかくなるようなものでした。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

ティラノスクリプト製・ノベル・短編・選択肢なし・ED1種類

画面上にいる女性に、「問いかける」ことでストーリーを進めるノベルです。
世界観は、読み進めることでわかります。

構造上、何も知らない状態でプレイしていると、女性と自分が会話をしているような臨場感がありました。
グラフィックや演出面にも力が入っていて、作品全体を楽しめました。

ラストシーンでの、真相の明かされ方が1番好きです。
また、オチを知った後に読み返すと、台詞の1つ1つに大切な理由があったことがわかりました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

モカブレンドをブラックで。

ティラノスクリプト製・ノベル・近未来・短編・選択肢なし・ED1種類

浪人生である主人公の元に、1人の女性が訪れてくるという内容です。
主人公は彼女に頼まれて、サンタクロースの代わりにプレゼントを子どもたちに配ることになります。

プレゼントを配っている間、主人公が子どもたちの笑顔を想像している様子が、温かい気持ちになれるものでした。他の人が幸せになると自分も嬉しくなるということが書かれていて、同調したくなりました。

ただしこの物語では、サンタクロースからプレゼントをもらえる子は、抽選で何人かに限定されるという条件があります。そのため、プレゼントをもらえない子のことはどうするのかという問題が残ります。
システムを知ったとき、真っ先に疑問に感じたのですが、きちんと言及されていて、作品を好きになる理由の1つになりました。

また、主人公と女性の関係も、注目していただきたいポイントです。
2人が出会ったことは、主人公にとってプラスになることだったと思います。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

この謎には理由(わけ)がある

LiveMaker製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子生徒が男子生徒に、図書室である相談をするという内容です。
それは、女の子が消えてしまったというものです。

2人の会話に出てくるヒントから、事件の真相を想像することが楽しかったです。
女子生徒の、答えを誘導するような語り方がすごいと感じました。

このノベルで最も好きなのは、答えが明かされた後の展開です。文章を読んでいる間は、そこまでは考えていませんでした。
ミステリー風の作品でありながら、青春ものらしい物語でもあったように思います。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
2
4 6 7 9
11 13 14 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.