忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

幽霊相談室

吉里吉里製・ノベル・ミステリー・現代日本もの・短編・選択肢あり・難易度やや高め・
ED4種類(真ED1種類)

ある少女が幽霊に、彼が殺された原因を教えて欲しいと頼まれるという内容です。
選択肢の他に、キーボードで言葉を入力する要素があります。

1週目は答えが全くわからず、どうしようかと思いました。
しかし、何回か文章を読むことで、正解が見えてきました。自力でクリアできると、すっきりとした気分になれました。

文章を読んで問題に答える場合、必ず文章中に答えがあるということを過去に習いました。そして、実際今まではその通りでした。けれども、このゲームの場合はそれが当てはまらない部分があり、特殊でした。とはいっても、トゥルーエンドを迎えた後に追加された機能を使用しながら読み返すと、それまで気付かなかったヒントがたくさんありました。

始めに持っていたいくつかの思い込みが間違いだったとわかったり、作中で意図的に隠されている背景を想像することを楽しめたりと、頭の体操になった気がします。
後から気づいたことですが、登場人物の1人が幽霊という点もヒントとなっていて、この作品独自の特徴が多かったように感じました。

この作品には、特殊な人間関係がいくつか出てきます。
けれども、それ自体は否定されるべきではないように思います。

関連作である、「変調・幽霊相談室」もおすすめです。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

ぼくというモノ

15禁・残酷描写あり・NScripter製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

公園にいる「ぼく」が、「さえ」という少女と出会うという内容です。
「さえ」は「ぼく」と、毎日のように遊んでくれます。

主人公の「ぼく」がどのような存在であるか、一言で表せる単語を私は知りません。
しかし、本編を読むことで何者なのかすぐに理解できます。
その丁寧な文章に惹かれながら読み進めました。

ストーリーが進むことで、2人の関係に変化が現れます。
どちらも感情にも納得できる部分があったため、すれ違いが起こると切なさを感じました。

後半にショッキングなスチルはありますが、印象的なものでもありました。

以前プレイした、同じ製作者の方の作品は、ギャグがメインのものでした。
それに対しこの作品はシリアス要素が強めで、かなりギャップがありました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

似たもの同士

NScripter製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢なし・ED1種類

いじめられていた男子生徒が、転入してきた女の子と仲良くなるという内容です。
彼女と出会ってからは、主人公に変化が起こります。

人の出会いは主人公にとってプラスとなるもので、理想的な世界が描かれているように感じました。
現実ではこのように上手くいくことは少ないだろうなとは考えたものの、だからこそフィクションの中だけでも幸せな空間があって良かったと思いました。

この作品で1番好きなのは、2人が一緒に映画を見て、終わった後感想を語り合う場面です。
映画のあらすじが、物語自体の結末と関係している点が面白かったです。
また、2人の意見に同意できる部分があり、嬉しかったです。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

以下ネタバレ

いっしょ。

LiveMaker製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢あり・ED1種類

女の子が昼休みを、友達と一緒に過ごすという内容です。
イラストにも文章にも温かさのある作品でした。

本編のストーリーは、友達の台詞のみで進みます。そのため、感情移入がしやすかったです。
そして、このような友人が欲しかったと思いました。

おまけシナリオでは、主人公の設定がわかります。彼女は、小学校高学年から中学校時代の自分と良く似ていました。
ただ1つ大きく異なっていたのが、主人公には積極性があったという点です。彼女のように自ら行動を起こせていれば、当時の学校生活は違っていたかもしれないと考えました。

製作者の方のサイトはこちらです。

2017年3月5日追記……完全版にあたる、「一緒。」も公開されました。こちらは選択肢なしで、周回プレイによってストーリーが進みます。
この作品の場合は地の文があり、「いっしょ。」とは異なった雰囲気を楽しめました。

拍手[0回]

わが子を愛せなくなる時

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

児童虐待がテーマとなっているノベルです。
この物語の主人公は、幼い娘を持つ母親です。

今まで私が触れた、児童虐待の描写がある作品は大抵、被害者の視点がメインのものでした。そして、その度に、被害者側に同調していました。
しかし今回は、母親の心情にも理解できる部分がありました(むしろ、この物語の場合は、主観ですが、母親より父親の方が、子どもを持つ親としての自覚が足りていなくて酷いと感じました)。

数年前学校で、「ネグレクト」という虐待をする親の過去や現状を説明するビデオを見ました。当時真っ先に考えたことは、自分に子どもがいたら同じことをするかもしれないということでした。
そして、このノベルで出てきた行為についても、この程度は普通にあり得そうだと思いました。

子どもという存在は、時に見ていられないような行為をすることがあります。
ご存じの方であれば、アニメ「クレヨンしんちゃん」でひまわりが産まれてすぐあたりの放送、もしくは、ドラマ「大好き!五つ子」の1作目を思い出していただけると伝わると思います。また、私自身も小さい頃、興味本位で危険なことを冒してしまったことがありました。
こういった場面を見ると、親がイライラするのも仕方ないような気がします。

だからといって、虐待自体は許されるものではありません。子どもが悪いことをしたときに注意することとは異なります。
一方、「わが子を愛せなくなる時」の母親については、1回だけしてしまった行為に対して悩んでいて、娘とは良い関係を作ろうとしていたので、応援したくなりました(今まで被害者側に同調してきた作品は、虐待のレベルや継続性、動機などが違いました)。

結論としては、既にわかってはいたことですが、子育てはとても大変だということを改めて感じました。
個人的な意見としては、大変だからこそ、きちんと責任を持てるようになり、周囲の環境を整えてから始めるべきだと思います。私の場合は、自分が子どもに酷いことをしないという自信がなく、将来的に育児をする予定がありません。そして、それより前の段階の行為をする機会がなく、正直安心しています。

これに対して、私の周囲には、仕事と子育ての両方を同時にしている人たちが結構います。
プライベートなことを尋ねる気はないため、家庭ではどのようなことをしているかといった具体的なことはわかりません。ただ、直接伝える勇気はありませんが、私には怖くてできそうにないことができるところを、尊敬しています。

製作者の方のブログはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 7 9 11
12 14 16 17
19 21 22 24 25
27 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.