忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

薄闇地下室

LiveMaker製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子生徒が、知り合いからある手紙を受け取るという内容です。
夏休み最終日の出来事が描写された物語です。

登場人物の設定は、日本のどこかにいそうだと感じるものでした。
そのため、情景を思い浮かべやすかったです。

ダークな要素が含まれていますが、そこが惹きつけられる部分でもありました。
メイン2人が話し合って出した結論は、正しいものかどうか判断はできません。ただし、完全に否定することはできないように思いました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[0回]

PR

彼の止まった時間と過ぎ行く彼の季節

ティラノビルダー製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・難易度低め・ED2種類

男性が、子どもの頃一緒に遊んでいた友達に会いに行こうとする内容です。
夏の出来事が描写された作品です。

前半には、主人公の回想が挟まれます。
成長していくにつれて変わっていく人間関係などについて、共感できるところがありました。そして、彼と同じようなことは、多くの人が経験しているはずだと思いました。

後半では、大人になった友人がどうなったのかが分かります。2通りあるルートはどちらも変化が大きいのですが、リアリティを感じました。
また、自分自身と照らし合わせて考えてもみました。どのような結果であれ、大切だった人の現在の状態を知らないよりは、知っている方が満足できるように思いました。

エンディングはどちらかといえば、下の選択肢を選んだときのものの方が好きです。
終盤での友人の表情が素敵だと感じました。

ゲームの紹介ページはこちらです。

拍手[0回]

夏色のコントラスト

NScripter製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

男子高校生が夏休みに、中学生の頃済んでいた町を訪れるという内容です。
そして、当時仲の良かった女の子の家で、3日間を過ごすことになります。

シナリオ・グラフィック共に、夏らしさがありました。また、ヒロインの笑顔が可愛かったです。

主人公にとってこの3日間は、充実したものだっただろうなと感じました。
サブキャラクターを含め、良い人たちと触れ合えているようで、素敵な経験だと思いました。

本文では、一部ぼかされている場面があります。
具体的な中身は気になりましたが、語られないことで逆に、読み終わった後に爽やかな気持ちになれたように思います。

現在は、ティラノスクリプト製のブラウザ版も公開されています。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

みのりびよりに

RPGツクールVX Ace製・ノベル・現代日本もの・中編・選択肢あり・
難易度普通・ED7種類(真ED1種類)・ボイスあり

雑誌記者が取材のためにある町を訪れるという内容です。
彼は1人の少女と出会い、「水神様」と呼ばれるものについて調査をすることになります。

制作ツールがRPGツクールVX Aceでありながらも、キーボードとマウスのどちらでもプレイできるので、私にとって優しい仕様となっていました。文章スキップはキーボードのみですが、支障はあまりなかったように感じます。
シナリオ回想機能がある点や、いつでもセーブ・ロードできる点も嬉しかったです。

オープニングアニメーションが可愛くて、この時点で中身に期待できました。
本編もCGが多く、バッドエンドでもスチルが出てくることがあるため、エンディング回収が楽しかったです。

また、この作品を通して、日本の伝承・伝統について考えました。
はるか昔から伝えらえている事柄について、「伝統だから続けるべきだ」という意見をテレビやネットなどでたまに見かけます。これに対して、個人的には、理由が「伝統だから」というものではなく、本当にあった方が良いものなのかを検討することが大切ではないかなと思います。
このゲームでトゥルーエンドを迎えるとわかるのですが、良い部分は残したまま、問題のある部分は変えていくという選択をすることもできるように感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

籠の街

Ren'py製・ノベル・洋風・短編・選択肢あり・難易度低め・ED8種類

ある街に住む少年が、同じ街の人たちと関わって日々を過ごすという内容です。
選択肢次第で、彼の心境に少しずつ変化が訪れます。

既読スキップが早く、巻き戻し機能もあり、快適にプレイできました。
選択肢は攻略対象(恋愛的な意味ではありません)のうち、誰と過ごしたいかを選べば良いので、わかりやすかったです。

主人公は、「大人になりたくない」と考えています。彼がこの思想を抱くようになった根本的な原因を知ると、納得できました。
けれども、反対の意見を持っている人物の発言にも、理解できるところがありました。

条件を満たすことで追加される、旅人がメインとなるルートのハッピーエンドは、最後に見ることを推奨します。
街に隠されている秘密が明かされ、登場人物全てが重要となるルートであり、泣ける物語だと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 8 10 11
13 14 16 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.