忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

だびぽん

残酷描写あり・ティラノビルダー製・ホラーノベル・現代日本もの・中編・選択肢あり・
難易度普通・ED6種類+ゲームオーバーいくつか(真ED1種類)・ボイスあり

男子大学生が、友人の作ったオンラインゲームをプレイするという内容です。その行為が後に、とある心霊スポットに関する噂と繋がることになります。
選択肢の他に、探索要素などのミニゲームが少し含まれています。

このゲームでは、元ラジオ局のマスコットキャラクターという、「だびぽん」が重要な役割を持っています。
このキャラは登場すると画面上でたくさん動くので、びっくりしました。
他にも動画が流れる場面があり、楽しめる演出が多かったです。

ミニゲームはヒントが多く、クリア自体は難しくありませんでした。
ただ、小ネタがいくつか含まれていて、それを探すためにいろいろと試したくなり、結果的には時間を費やすことになりました。

ストーリーは、最初から見られるルートと、条件を満たすことによって見られるルートに分かれています。
どちらも人間の内面や関係性についての描写があり、好みでした。
作中では、誰を疑い誰を信じるのかという決断を迫られる場面が結構あります。物語の中の出来事なので正解を予想することができましたが、現実でこのような遭遇した場合、どうするべきか判断することは難しいように感じました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

ベルリンの船

YU-RIS製・ノベル・現代・短編・選択肢なし・ED1種類

ベルリンのチームに所属しているサッカー選手の元に、幼馴染が日本からやって来るという内容です。
彼らは約2週間の間、共に過ごすことになります。

この作品を読んで、中学の頃国語の授業で習った、ある短歌のことを思い出しました。
短歌自体は忘れてしまいましたが、「どんなに水の流れが変わっても、私の想いは変わらない」という意味合いを持つものでした(「ミロール倶楽部」というサイトの「古今和歌集の部屋」というコーナーを見たところ、「駿河なる田子の浦浪立たぬ日はあれども君を恋ひぬ日ぞなき」というもののような気がしますが、当時習ったものがそれだったかは定かではありません)。

このノベルは、それと近いものがあるような気がしました。
主人公と幼馴染は、しばらくの期間離れて過ごしていました。しかし、その間もずっと、お互いのことを大切に考えていた様子が伝わってきました。

ただし、「ベルリンの船」の場合、「主人公が自分自身の感情を自覚していない」という、短歌とは異なる点があります。
彼が幼馴染に対する自身の気持ちに気付いた後から起こる、2人の関係の変化が心地よかったです。

作中には、ドイツの観光地や食べ物に関する描写がいくつか出てきます。
背景もドイツの写真で、今まで知らなかった文化に触れた気分になれました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

ごちゃまぜヒーロー

Yuuki! Novel製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢あり・難易度低め・ED3種類(真ED1種類)

青年が、1度に3つのヒーローを兼任することになるという内容です。
複数の特撮作品へのオマージュが含まれています。

特撮に関するあるあるネタがたくさん出てくるので、好きな人なら特に楽しめると思います。
詳しくない自分にとっても、わかるネタが結構ありました。そのため、このノベルをきっかけに特撮に興味を持つという可能性もあるかもしれません。

作中に登場する3つのヒーローの中では、戦隊ヒーローである「ゴリュウジャー」に関するイベントが好みでした。
元ネタを最も多く視聴したものがこれだったからということが、理由の1つです。元ネタにも言えることですが、仲間がいるということが良いなと思いました。
そして、他の2つのヒーローが持つ設定の影響で、主人公が戦隊もののレッドらしい行動を取らざるを得なくなっているという、この作品独自の要素が面白かったです。

主人公の置かれている状況は、とても厳しいものです。
しかし、彼は現実を受け止めて、困難に立ち向かっていこうとするので格好良かったです。

一枚絵が多く、嬉しかったです。
また、盛り上がる場面では熱いBGMが流れて、高揚した気分で読めました。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[2回]

ぬくもりの電子ピアノ

LiveMaker製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

男女2人が電子ピアノについて語り合うという内容です。
クリスマスがテーマとなっている作品です。

画面デザインにクリスマスらしさがあって、心地よさを感じました。

ストーリーは癒し系でした。ただし、嫉妬したくなる部分もありました。
また、ピアノを過去に習ったことがあれば、そのほとんどの人が主人公の女性に共感を覚えるはずだと感じた場面がありました。

BGMは製作者の方が演奏されたものであった点も、魅力的でした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

のべるのじかん

吉里吉里製・ノベル・現代日本もの・短編・選択肢なし

男女4人がノベルゲームなどについて語り合うという内容です。
コメディ系の短編集です。

全体的な雰囲気は、オープニングで掴めると思います。
お笑い芸人のネタを見ているような感覚になりました。

テレビで放送されるコントなどと大きく違うのは、ノベルゲームだからこそ見られる演出が多いという点です。
その中でも、「ノベルショートコント」は、他の媒体で見ることはできないだろうなと感じました。個人的には、「瞬間移動」というネタが特に好きです。

難しいことを考える必要がなく、休憩をしたという気分になれるような作品でした。

この作品は、「ふりーむ」で公開されています。

拍手[1回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 7 9 11
12 14 16 17
19 21 22 24 25
27 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.