忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

Margikarman

RPGツクールVX Ace製・RPG・現代日本もの・中編・難易度普通・ED1種類

主人公たちが街を探索し、自分について忘れていることを知るという内容です。

ゲーム内に「夕方の世界」と「夜の世界」があり、時間帯によって登場するキャラクターや起こるイベントが異なります。また、マップ上にいる会話や台詞が聞けるキャラは、ゲームの進行状況によって台詞が変わります。

公開された当初は、現在ふりーむの紹介ページの最後の方にある文章はなかったと思います(私が読み逃していただけかもしれませんが)。
当時、何も知らないままサイトにあったキャラクターの紹介文を見て、ある単語に対して、疑問に思うところがありました。そして、プレイするとすぐに、その単語の意味が分かりました。

このゲームの最も好きな点は、キャラクターの精神面に重点が置かれているところです。
ゲームを進めていくと、パーティメンバーの周囲の環境や体験したことが分かります。それらが与えた影響による登場人物の気持ちの変化や、現実を受け止める姿を見ることが楽しかったです。

他にも好きな点はいくつかあります。
そのうちの1つは、どのようなストーリーだったか、自分が進めたところまでの簡単なあらすじを見ることができる点です。登場人物の日記という形なので読みやすく、ゲームを中断して間が空いた後に再開するのにも便利でした。

探索も、場所を選択する画面と、登場人物の会話の両方が見ていて面白いと思いました。特に、学校と主人公の自宅で聞ける会話が好きです。

クリアして一応のエンディングを見るだけなら戦闘で詰まることはあまりありません。
しかし、その後に続くシナリオでは敵が強くなり、裏ボスを倒すのには時間がかかりました。
裏ボスには戦闘パターンがありましたが、倒すためにお金をたくさん集めてアイテムを結構買った記憶があります。


制作者の方のサイトはこちらです。

2014年4月25日追記……結構前からのことになりますが、リメイク版である「Margikarman ItoA」も公開されています。基本的なストーリーは変わりませんが、追加された要素がいくつかあります。

追加された要素の全ては見ることができていません。けれども、敵キャラの説明が読める図鑑システムや、パーティメンバーの会話が見られる「ゴーストチャット」が楽しいと感じました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
8月の雨 ― Raining in August.
Prev:
充電器
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 4 6
7 9 11 13
15 17 18 20
22 24 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.