忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

本命偽装

BL要素あり・ArtemisEngine製・ノベル・現代学園もの・短編・難易度普通・ED9種類

男子生徒が、同級生の男子からバレンタインのチョコレートをねだられるという内容です。
BL表現は軽めです。

主人公の友人が明るい性格で反応がわかりやすく、見ていて気楽な気持ちになれました。
立ち絵のポーズや表情がコロコロ変わるので、画面を眺めるのも楽しかったです。

エンディングは、お菓子とともに渡すメッセージカードにどのような文章を書くかを決めることで分岐します。
選択肢次第では変わった文章になることがありますが、それも面白さの1つでした。
個人的には、最初の選択肢で真ん中を選ぶことで見られるルートが特に好きです。

おまけのエンディングリストではシナリオ分岐のヒントを見ることができ、攻略の参考になりました。

現在のバージョンでは、公開当初にはなかった後日談なども追加されています。
どれも嬉しい追加でした。その中でも、未使用エンドがかなり好きです。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

スイートワンルーム

15禁・残酷描写あり・BL要素あり・LiveMaker製・ノベル・
現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

男性2人が同じ家で生活するという内容です。
途中から、物語の語り手が変わります。

前半は、まるで新婚夫婦の日常のようだと感じました。現実で新婚夫婦の暮らしを見たことはありませんが、仲が良ければこのような雰囲気になるのだろうなと想像しました。
読みながら、幸せを分け与えてもらったという気分になれた場面もありました。

後半の視点変更が起こるあたりからは、それまでに明かされなかった秘密が判明します。
思っていたものと違っていて驚きました。特殊なケースであるとはいえども、このような愛の形もあり得るということを学びました。

そして、第三者が2人の関係を見れば、勘違いしそうだと考えました。
実際、作中でも第三者が登場し、2人について勘違いをします。出番は多くはありませんが、個人的にはその人に1番の思い入れがあります。

というのも、職業上似たような立場になる可能性が高いからです。
このノベルの終盤では、主人公は第三者の前で、ある行動を起こします。それは、注意書きにもある、残酷描写を含むものです。

このような行為に関して、うちの職場の場合は、刃物や割れもの、ひも類などは置かない、または目に入らない場所に片付けるということで最悪の事態は回避されてきました。
けれども、あくまでも最悪の結果にはならなかったというだけで、危険な場面はありました。

こういった場面を見たり聞いたりしたとき、今までは怖いからやめて欲しいなど、自分の気持ちを優先にした反応をしてきました。
この作品に触れて、行動を起こした相手の感情や、きっかけとなったものについて、いかに考えてこなかったかを思い知らされました。
これからは、相手にもその人なりの特別な理由があるということを頭に入れておかなければならないと考えました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

少年ウルフ

BL要素あり・NScripter製・ノベル・現代・短編・選択肢なし・ED1種類

若手の日本人生物学者が、「狼に育てられた」と言われている少年に会うため海外を訪れるという内容です。
彼の目的は、「狼少年」の話が事実かどうかを確かめることです。

小学校か中学校の家庭科の授業で、狼に育てられたアマラとカマラという少女について習ったことがあります。
この話をずっと信じていたため、プレイする前、「狼少年」は彼女たちのような存在なのだろうというイメージを持っていました。

しかし、実際にプレイすると、想像とは全然違っていました。
狼のような特徴より人間のような特徴の方がずっと多く、何か別の秘密が隠されているのかと考えました。

その秘密は、読み進めることで判明します。
これを知ったときに感じたことは、どの登場人物も狼少年に愛情を持って接していたのだということです。中には方法に問題があると言える場面もありますが、最終的には綺麗な結末になったと思えました。

プレイし終わった後、「アマラとカマラ」について少し検索しました。そして、この話は嘘だという説が出ていることを知りました。
衝撃を受けましたが、このノベルを読んだ後だと、確かにそうかもしれないと思いました。
※この作品はフィクションであり、実際の人物等とは関係ありません。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

やねうらのトワイライト

BL要素あり・ノベル・ファンタジー・短編・難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

神父が吸血鬼を倒そうとするという内容です。
しかし、吸血鬼は不死身です。

キャラクターデザインが可愛くて惹きつけられました。
一方で、ストーリーにはダークさが含まれている場面がありましたが、違和感は全くありませんでした。

選択肢次第では、主人公がえげつない行動をするようになります。
吸血鬼の反応を見ると罪悪感を覚えました。しかし、結末を知りたいがために、そのような選択肢を選ぶことになりました。

2人の仲が進展する過程が今まで見たことのなかったようなものであり、珍しいタイプだと思いましいた。

制作者の方のブログはこちらです。

拍手[0回]

あの日の曲を聴かせて

BL要素あり・YU-RIS製・ノベル・現代学園もの・中編・選択肢なし・ED1種類

バイオリンが得意な男子高校生が主人公です。
彼はある日、見覚えのない後輩から告白されます。

主人公に恋愛感情を持っているのは、後輩だけではありません。
後輩の告白をきっかけとして起こる、周囲の人物(特に主人公の親友)の変化が興味深かったです。

この作品のキーワードには、「進路」と「音楽」というものがあります。
この2つに関連する描写が好みでした。主人公の恋愛にどう影響を与えるのか、気になるものでした。

タイトル画面にある「目次から読む」という項目を選ぶことでどのくらい読み進めたかを知ることができる点と、作中に出てくるクラシック曲をちょっとした解説付きで聴ける機能が、個人的に嬉しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。本編の後日談も載っています。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5 7
9 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.