忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

Aくんと祭のむこう

LiveMaker製・ホラーノベル・現代学園もの・ファンタジー要素あり・
長編・選択肢なし・ED1種類

文化祭の準備期間と文化祭当日の1週間だけ、夕方になると怪異のいる別の世界に行くことがあるという噂のある学校が舞台となっている物語です。
主人公である新(あらた)は、別の世界に迷い込み、様々な人物や怪異と遭遇します。

全6章ですが、文章、キャラクター、演出のどれもが私の好みで、第1章の段階でこの作品を気に入りました。
演出面については、背景もオリジナルのものだったり動きが結構あったりと、すごいと感じました。差し込まれるCGで基本的にキャラクターの目を見せない点も好きです。

この作品のテーマである祭りのシーンは、怖い部分もありますが、楽しそうでもあり行ってみたいと思いました。

ストーリーについては学園ホラーというジャンルだけでも好きなのですが、もう1つ好きな要素があります。
男の子同士の友情です。新とは初対面のキャラでもお互いに支え合っていて、理想的でした。

というのが、4章くらいまでの感想です。
5章以降の感想は、右下にある「以下ネタバレ」という文字をクリックすると出てきます。

制作者の方のサイトはこちらです。

2019年9月9日追記……リメイク版である、「Aくんと祭のむこう あやなす」の共通ルートが公開されました。基本的な流れは同じですが、一部の文章や演出など変更点があり、こちらも楽しめました。今後、選択肢及び他のルートも追加されるようなので、期待しています。




5章は、第1章の時点で1番好感を持っていたキャラがメインのお話でした。その分、ラストで起こった出来事やキャラの台詞はショックでした。
サイトのキャラクター紹介を見たのは1章を終えた後なのですが、プレイ前に見ておけば良かったかなと思いました。

最終章は、文化祭当日の状況が描かれています。このノベルの中で1番楽しかったです。第1章から第4章までの繋がりが感じられて、驚く点もありながらも面白かったです。
ただ、5章での出来事の後なので、複雑な気分にもなりました。

そしてラストには、5章と6章が関連する出来事もありました。
こちらから見ると親友同士であった2人が今までの関係を忘れるのは勿体ないような淋しいような気になりました。

けれども、悪い事を忘れて楽しい気分でいられるのは、自分も憧れる部分がありますし、2人の選択を否定する気にはなりません。新とその友人達での修学旅行を楽しむことができないのが残念という気持ちはありますが。

その後のことを考えると、現実に戻るのはいろいろと無理な部分があるので、お互いに思い出してあの世界で生きていくことができるようなことがあったら良いなと思いました。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Next:
たのしいもり
Prev:
ロストシープ1 4月~6月の物語
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/24 カミーネ]
[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.