忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ビューティフルパフォーマー

吉里吉里製・ノベル・現代日本もの・選択肢あり・長編・難易度低め・真ED1種類(バッドエンドあり)

途中で出てくる選択肢のうち正しいものを選び話を進めるゲームです。間違えると即座にバッドエンドになります。
しかし、バッドエンドになっても救済措置のようなものがあり、その時に出てくるキャラのセリフが面白かったので、それ見たさに違うと分かっていてもわざと間違いの選択肢を選んでみたりもしてみました。

この作品はお笑いを題材にしています。このゲームをプレイする以前に、お笑いを題材にした小説を読んだことがあります。それはシリアスなシーンが多かったので、この作品もそうだと予想していました。しかし、コメディの割合が高くて読みやすかったです。主人公と他のキャラとの会話が、漫才のようでした。

また、音楽バンドも物語に関わっています。普通だったらお笑いとはジャンルが違うので違和感がありそうですが、それを感じさせなくて新鮮でした。

作中でどのようなネタをしたのか、ということを知ることができたのは嬉しかったです。

アニメやゲーム・ネットを題材にしたネタが結構出てくるため、元ネタを知らなければ何の話をしているのかこともあります。だけど、分かった時は楽しめました。

メインヒロインの江崎巴が面白くて好きです。彼女の性格を表現するにはシナリオを書く人も自分が面白いという自信がないと書けないだろうなと思って、羨ましいと感じました。

制作者の方のサイトはこちらです。




1番好きなシーンは、主人公達が動物園に行く時の電車の中のシーンです。
同じ会話でも場所が変われば全然違うものになることが分かって、素晴らしいと思いました。
いわゆる「すれ違いコント」というものはこうして生まれるのかな、と想像もしました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
Prev:
ラブレジェンド
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 7 9
11 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.