忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

お猫様の縁結び

吉里吉里製・ノベル・女性向け・現代日本もの・短編・選択肢なし・ED1種類

女子小学生が夏休みに祖父母の家へ行くという内容です。
祖父母の家の近くにある神社で、彼女は少年と出会います。

和風の雰囲気があって、癒されました。

この物語では、不思議なことが起こります。実際にあったら楽しいだろうなと思いました。
読み終わった後はすっきりとした気分になりました。

キャラクターとしては主人公の兄が好きです。台詞の一言一言が面白かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

2018年3月10日追記……現在はサイトがなくなっているようです。

拍手[0回]

PR

水平線のファントム

吉里吉里製・ノベル・女性向け要素あり・現代学園もの・
中編・選択肢あり・難易度普通・ED3種類

ある島に住んでいる女子高生が、知らない少年と出会うという内容です。

恥ずかしい話になるのですが、主人公と少年の出会いの仕方が、何度か「こういうことがあったら良いな」と妄想したことのあるものでした。
それに近いシチュエーションは漫画やアニメで見たことはあります。しかし、人と人が出会う場面で使われるのを見たのはこの作品が初めてでした。そのため、求めていたようなものを見ることができ、満足感を得られました。

その後のシナリオは、主人公たちの通う学校がどのような場所か、各登場人物がどのような生き方をしてどのような考えを持っているのかなど、興味を持った部分がたくさんありました。
読んでいるうちにどんどん先を知りたくなりました。

この作品は章仕立てとなっており、選択肢によって6章でメインとなるキャラクターが変わります。
1つのルートを見ただけでは分からなかった部分が他のルートを見ることで知ることができたので、全てのエンドが好きだと思いました。

立ち絵に表情の変化が多くあった点も面白かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

町の薬屋さん

15禁・残酷描写あり・NScripter製・ノベル・女性向け・ファンタジー・
短編・難易度普通・ED4種類+α

薬屋を営む女性と、彼女に王城で働くよう勧めてくる男性との恋愛物語です。
特定の条件を満たすことによって、少しずつ新しい要素が追加されるシステムとなっています。

1周目は、怖いシーンはいくつかあるものの、最後には良かったと思える内容でした。
しかし、2周目以降をプレイして、1周目には出てこなかった文章を読んで、衝撃を受けました。
主人公の設定が意外で、シリアスな要素も増し、ストーリーに対して驚く部分がありました。
初プレイ時に疑問に感じた場面があったのですが、2週目以降のシナリオで解決しました。

スチルが出てくるシーンはどれも好きです。

制作者の方のサイトはこちらです。


拍手[1回]

以下ネタバレ

なりそこないスノーホワイト

吉里吉里製・ノベル・やや女性向け・ファンタジー・恋愛もの
選択肢あり・中編・難易度高め・ED7種類

童話の「白雪姫」が元となっている作品です。
といっても、童話とは異なり、姫と従者の恋愛が描写されています。

童話にある要素をたくさん残しながらも、オリジナリティに溢れる物語になっていて、発想力に驚きました。
絵も「白雪姫」のイメージと合っていて好きです。

メインキャラは4人います。それぞれに違った魅力がありました。
本当は1人1人に対して持った感想を書きたいのですが、長くなるので2人にします。

まず、主人公のお姫様についてです。
感情表現が豊かで可愛いです。わがままなところもありますが、芯の強いところもあって、意外性がありました。

あとは従者についてです。彼についてよく知るには、ED7に進むためのルートを見る必要があります。
似たような境遇に置かれたとき、自分には絶対にできないことをしていたのですごいと思いました。

ノベルカテゴリとして扱っていますが、ゲーム性が高く、コンプリートするには時間がかかりました。
ただし、どうしても進め方がわからないときにヒントを見ることができたので、嬉しかったです。
個人的にはED6が1番難しかったです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

月光剣舞 朝霧

吉里吉里製・ノベル・女性向け・恋愛もの・和風・選択肢あり・
短編・難易度普通・ED4種類

和菓子屋の娘である主人公が、正義の味方になるという内容です。乙女ゲーに近いです。

基本的には時代劇風の世界観なのですが、テレビが存在していたり、正義の味方に変身した時の主人公の衣装が現代風だったりと、少し変わった設定があります。この組み合わせが違和感がなくて、面白かったです。

コメディ要素が多く、明るい雰囲気を楽しめました。

エンディング2が1番好きなルートです。
重要なシーンで出てくることを期待していたキャラがメインになったので、嬉しかったです。
あまりにも意外な展開だったので、驚きもありました。主人公の反応も好きです。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 13 14 15
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/24 カミーネ]
[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.