忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

4TEEN

石田衣良・新潮社・2003年

男子中学生4人組の日常生活が描写された短編集です。
児童書以外で初めて読んだ小説がこの本だったので、自分にとっては思い出深い作品です。

当時は主人公たちと同じ14歳でした。彼らの台詞や考え方に、共感できる部分がいくつかありました。
また、登場人物は様々な問題に遭遇することになるのですが、それらに真っ直ぐと向き合う姿勢に好感が持てました。

作中には性的表現のあるシーンがあります。この本を初めて読んだ頃は、そういったタイプのものに触れたのは初めてで、読んで良いのだろうかと考えていました。はじめのうちは、このようなシーンはなるべく飛ばしながら読んでいました。

けれども、最後のページの文章を見た後、飛ばした部分の中身も気になりました。そして、「直木賞受賞作品だから読んでも大丈夫だろう」と心の中で自分に言い訳をしながら、性的表現のあるシーンも含め最初から全て読み直しました。
結果としては、この作品以外の性的表現のある小説にも触れるようになりました。

この本には、同性愛がテーマとなっている、「ぼくたちがセックスについて話すこと」という章があります。
この章の終盤にある、主人公のモノローグが特に印象に残っています。当時とても共鳴したもので、今現在私がBL要素や百合要素のある作品に触れている主な原因でもあります。

簡単にまとめると、この小説は、自分にとって影響を受ける要素の多いものでした。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
おばけと魔法と
Prev:
カルマの季節
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 7 9
11 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.