忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

葉桜の季節に君を想うということ

歌野昌午・文春文庫・2007年

主人公の男性が知り合いの女性から、霊感商法に関することで相談を受け調査するという内容です。

こういうことを書くと好きな方には失礼かもしれませんが、去年くらいまでは、ミステリーというジャンルは好きという訳ではありませんでした。
けれども、この本を読むことで、ミステリーとは面白いものだったのだと実感しました。
事件の真相が分かったときに、爽快感を得ることができました。

登場人物の服装や髪形、行動などが詳細に描写されていたため、映像化したらどのようになるだろうかと想像しながら読んでいました。
しかし、終盤で想像していたものが間違っていたと判明して、驚きました。
後から考えると、読んでいる途中に一部疑問に感じた場面があったのですが、それが伏線だったのだと分かりました。

そして、最後に書かれている「補遺」を読んで、登場人物の設定について、いろいろと納得しました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
ふたりきり
Prev:
美男高校地球防衛部LOVE!
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11
13 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/22 カミーネ]
[06/15 カミーネ]
[06/14 キョウジ]
[06/02 Low]
[04/23 さっちん]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.