忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

おれがあいつであいつがおれで

山中恒・角川つばさ文庫・2012年(初出版は旺文社・1980年)

小学生の男の子と女の子の身体が入れ替わってしまうという内容です。
児童書ですが、読んだのは成人した後でした。それでも、かなり楽しめました。

今年、高校生の男女の身体が入れ替わるという映画が流行りました(小説は読みましたが映画はまだ見ていないので、あまり詳しいことは書けません)。
その映画に対して、以前テレビである漫画家が、「男女が入れ替わったらまず最初にすることがあるでしょう」といった、批判的な発言をしていました。
この意見を聞いたとき、そういったシーンが見たいなら『おれがあいつであいつがおれで』を読めば良いと考えました。

この作品では、男女の性差がはっきりと書かれています。メインの登場人物2人は、入れ替わることでこの違いを身を持って知ることになります。
人が成長していく上で、男子には男子、女子には女子特有に大変なことがあると学んでいく姿に好感が持てました。

また、2人が幼馴染であることも、この作品のポイントだと思います。彼らはお互いに関して、入れ替わった後に初めて知ったという事柄もあります。
相手がどのような人物であるか十分に理解しているつもりでも、実際はそうではなく、当人にしかわからないこともあるのだと感じました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
MerryCurusimimasu☆
Prev:
あの日の曲を聴かせて
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 10 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]
[01/24 Low]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.