忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

Afternoon,Party

RPGツクール2000製・RPG・ファンタジー・中編・難易度普通・ED1種類

冒険者2人が、行方不明の師匠を探しに行くという内容です。
前作である「Morning,Star」というRPGと関連する要素が結構あるようですが、単体でも楽しめました(「Morning,Star」プレイ後の方が、人間関係の把握はしやすそうだとは思います)。

戦闘システムはオリジナルとなっています。
説明書を読んだときは複雑そうだと思っていました。しかし、チュートリアルを試してみるとわかりやすかったです。
戦闘アニメーションにも惹きつけられるものがありました。

戦闘が終わった後はパーティメンバーの体力が全回復し、負けたとしてもゲームオーバーにはならずリベンジできるので、快適にプレイできました。
ラスボスには苦戦しましたが、ヒントやお助け要素があり、クリアすることができました。
また、エンカウント率を調整できるシステムがあり、ダンジョンの探索やレベル上げの役に立ちました。

作中にはネタが盛りだくさんでした。
ストーリーを追う上で出てくるメインキャラ同士の会話でも、マップ上にいるキャラクターに話しかけた場合でも、ボケとツッコミの応酬が行われていて、最後まで飽きませんでした。

一方で、後半からはシリアスで熱い展開もありました。
そのような場面では、主人公たちが格好良く見えました。何度か出てくる決め台詞も、次第に好きになりました。

全2章で、それぞれ序章と1話から4話までという講成になっています。
各話の終わりにはパーティメンバーによる物語のまとめや次回予告があります。アニメのようなノリで、面白かったです。
このコーナーでは隠し要素のヒントも語られ、それらを見つけるための2周目プレイも楽しめました。

製作者のサイトはこちらです。



1度開けた宝箱を調べても反応がある点が、かなり好みでした。

出てくるパロディは、元を知らないものの方が多かったです。
けれども、知っているアニメである、「人造昆虫カブトボーグ V×V」に関するネタが出てきたときは嬉しかったです。元とは全く異なるストーリーとなっていたところも面白かったです。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
遅刻の黙示録
Prev:
ジャミと呼ばれた妖怪
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 5
7 9 11
13 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/22 カミーネ]
[06/15 カミーネ]
[06/14 キョウジ]
[06/02 Low]
[04/23 さっちん]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.