忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

ソラニオチル。

百合要素あり・吉里吉里製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢なし・ED1種類

中学2年生の女子生徒が、友人に誘われて見に行った陸上競技会で、出場していた先輩に恋をするという内容です。
主人公は先輩を追いかけて、同じ高校の陸上部に入ります。

立ち絵はありませんが、文章から情景がイメージできて、映像を思い浮かべやすかったです。
また、陸上のトレーニングについての解説もあり、勉強になりました。

登場人物が走るシーンには、臨場感がありました。
特に、後半からの盛り上がりが好きです。

恋愛ものとしてもスポーツものとしても、魅力のある物語でした。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[1回]

PR

偶像は百合に似て

12歳以上推奨・一部残酷描写あり・百合要素あり・LiveMaker製・ノベル・現代日本もの・
短編・選択肢あり・難易度低め・ED3種類(真ED1種類)

地下アイドルがある事件に巻き込まれるという内容です。
アイドルという仕事の裏側を少し覗けたような気分になりました。

ストーリーは、テレビに出るような有名なアイドルではなく、「地下アイドル」ならではのものであるように感じました。
このゲームを初めてプレイした頃は、ちょうど作中の事件に近い出来事が起こった時期でした。そのため、現実的な内容のノベルだと思いました。

といっても、実際にあった出来事とこの作品のストーリーには、大きく異なる点があります。それが百合要素です。
事件の真相に繋がるもので、ある登場人物の思想について語られるものでもあり、かなり重要な要素であるように思いました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

姫君はご機嫌ななめ

百合要素あり・吉里吉里製・ノベル・ファンタジー・選択肢あり・短編・難易度普通・ED6種類

ある国の姫と彼女の護衛との恋愛物語です。

立ち絵の表情の変化多く、最初から最後まで楽しくプレイできました。
また、短編で選択肢の後すぐにルートが分岐するということもあり、エンディングの回収がしやすかったです。

主人公である護衛が、女の子だけど格好良かったです。容姿と性格ともに、女の子が惚れてもおかしくないと思いました。
一方、姫は明るくて笑顔が可愛かったです。

1番好きなエンディングはエンド5です。スチルに出てくる2人が幸せそうに見えました。

製作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

夢と夢の狭間で

百合要素あり・吉里吉里製・ノベル・現代学園もの・短編・選択肢なし・ED2種類


このゲームで百合要素ありというのは一種のネタバレになってしまう部分があるので、書くかどうか迷いました。けれども、ふりーむの紹介ページにも書かれていたので大丈夫かなと思ってこのカテゴリにしました。
自分がスクリーンショットを見たときに、百合要素に期待してダウンロードしたからというのもあります。

物語は、仲良しの女の子2人が喧嘩(片方が一方的に怒っているので喧嘩という表現はおかしいかもしれませんが)をしてしまったという場面から始まります。

キャラが会話をする場面では、キャラの顔と一緒に吹き出しつきの台詞が出てきます。漫画のようで読みやすかったです。

1周目を最後まで読むと、1周目の主人公とは別のキャラの視点の物語が読めるようになります。1周目では分からなかったシーンが結構あり、面白かったです。

その中でも、女の子2人の共通の知り合いである智鶴(ちづる)というキャラに関するシーンが魅力的でした。
1周目では、どこにでもいそうな女子学生という印象でした。しかし、2週目では、彼女のような友達は理想的で、いたら良いなと感じました。

いくつかの謎が残って終わったので、これから製作されるという続編が気になります。

製作者の方のサイトはこちらです。

2015年12月1日追記……これまでは公開停止されていましたが、再公開されました。

拍手[1回]

なぜ二人は愛し合い百合となったか

百合要素有り・RPGツクール2000製・RPG・現代日本もの・中編・難易度普通・ED1種類

兄が作ったゲームに対して弟がツッコむという内容です。プレイヤーは、兄が作ったゲームをプレイすることによってストーリーを進めます。
私では気付かなかったことにも弟がツッコミを入れていて、言われてみれば弟の言う通りだと思うような場面もありました。

このゲームで最も好きなポイントは伏線の回収の仕方です。
最初は、百合ゲーではなく別の何かではないのかと考えていました。しかし、ラストではどう見ても百合だと思うようになりました。
中盤、いくつか疑問点が出てきました。それがラストで一気に分かり、心地良かったです。
何回か出てくる、お弁当を食べるシーンが好きです。

難しいミニゲームのスキップやラスボス前で一部ワープができるなど、便利なシステムもありました。

このゲームは、こちらのサイトのNo.49からダウンロードできます。

拍手[0回]

Page:
  • [1]
  • [2]
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3
5 7 9 11
12 14 16 17
19 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.