忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

セブンスコート

吉里吉里製・ノベル・現代ファンタジー・長編・選択肢なし・ED1種類

「ロワイヨムヘブン」というサイトの管理人が公開したゲームをダウンロードした人たちが、ゲームの中の世界に入ってしまうという内容です。
「ロワイヨムヘブン」は架空のサイトですが、アクセスすることはできます。このノベル自体も、架空サイトのBBSからダウンロードできます。

この作品の第一印象は、「絵がすごい」というものでした。しかし、プレイすることによって、すごいのは絵だけではなかったと思うようになりました。

本編を読むだけでも十分楽しめるのですが、架空のサイトを見ていると作中に出てくる会話の内容などがより理解できるようになります。
あまり見たことがない仕掛けだったので、珍しさを感じました。特に、BBSでのやりとりとの関連性を知ることが面白かったです。

ストーリーが進むにつれ、主人公であるサイトの管理人が現実世界で体験してきたことが分かるようになります。
サイトに関することと管理人が体験してきたことの中には、お互いにリンクしているものもあって、興味深かったです。

制作者の方のサイトはこちらです。




作中で1度エンディングが流れますが、その後も物語は続きます。
エンディングが流れた後のストーリーも重要だと思います。

その中で1番印象に残ったのは、「フェアリーハウス」という、過去に管理人が作ったゲームにまつわるシーンです。
キャラの台詞の一部に、(気のせいなのですが)自分に対しても言われているようなものがあり、胸を撃ち抜かれるような思いをしました。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Next:
最新携帯V999i
Prev:
嘘つきエイプリル
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 4 6
7 9 11 13
15 17 18 20
22 24 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.