忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

小説?

  12月の物語

 あれは寒い冬の真夜中のことでした。
 小学1年生だった私は、「夜9時には寝なさい」という親の言いつけをきちんと守り、大人しく布団に入っていました。
 しかしなかなか寝つけず、目だけを閉じて横になっていました。
 しばらく経って、ガサゴソという音が聞こえました。気になってうっすらと目を開け、物音のする方を見てみました。
 すると、部屋のドアが開き、一瞬、真っ赤な人影が見えました。暗くてぼやけてましたが、頭から足の先まで赤いということだけは分かりました。
 その後、何故か急に睡魔が襲ってきて、寝てしまいました。

 翌朝起きると、見たことのない赤い箱が置いてありました。
 怪しいものかもしれないという不安はありましたが、好奇心に勝てず、開けてしまいました。
 中にはくまのぬいぐるみが入っていました。


 後から分かったことですが、それは、サンタクロースがクリスマスプレゼントを持ってきただけだそうです。
親に、「決して怪しいものではない」と言われました。

 しかし、それまでぬいぐるみで遊んだことがなかった私は、使い方が分かりませんでした。とりあえず机の上に置いておくことにしました。

 数年後、インターネットで「ひとりかくれんぼ」という遊びがあることを知りました。ぬいぐるみってこうやって使うのかと思い、やってみようとしました。
 ぬいぐるみをはさみで切り、中から綿を取り出そうとしました。けれども、綿と一緒に小さくて四角いものが出てきました。
 何かは分かりませんでしたが、本来、ぬいぐるみには入っていないはずのものです。
 それが何なのか気になって、ひとりかくれんぼをやめました。

 翌日、携帯電話で小型の何かについて調べてみました。いろいろ検索したり、質問系の掲示板に写真をアップロードしたりしました。
 そして、答えが分かりました。
 隠しカメラです。数年間、私の生活を誰かが見ていたということでしょうか?

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
一夜奇譚 -イチヤキタン-
Prev:
ばにらあいすくらいしす
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 8 10 11
13 14 16 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.