忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

らぶいずふぉーえばー?

15歳以上推奨・RPGツクールVX製・RPG・現代学園もの・短編・難易度普通・ED5種類

女子高生が、クラスメートにさらわれた大好きな先生を助けようと頑張るという内容です。敵キャラを含めて、グラフィックが可愛かったです。

初めてプレイしたのは公開されてからあまり経ってない頃でしたが、久しぶりにプレイすると当時と変わっている部分がいくつかありました。

最初は明るい雰囲気でギャグも多く、思っていましたが、後半からはシリアスな展開があり、きつい部分もありました。
しかし、最初は主人公のことを変わっていると思っていましたが、終盤は良いことを言っているように感じました。
前半と後半でゲームに対する印象がかなり変わる作品でした。

現代日本では見かけないようなキャラが敵として出てくることがあります。
ゲームを進めると、その理由が分かって、戦闘があることに納得しました。

作中でヒントが出てきて、便利でした。また、1度エンディングまで到達するとラスボス前からプレイし直せるシステムがあり、エンディングを回収しやすかったです。

シナリオ重視の作品なので、キャラやストーリーを楽しみたいという方におすすめです。

制作者の方のサイトはこちらです。




主人公の台詞は、TRUE END?のものが1番好きです。個人的に共感できる部分がありました。

一方、先生については、永遠の愛エンドでの台詞が好きです。少し怖いところはあるものの、あのような告白のされ方をしたら忘れそうにないと思います。

ゲームを始めたばかりのときの印象は、主人公はちょっと変わってる、先生は普通の人というものでした。
しかし、後日談まで見ると、印象が反対になりました。このような書き方ですが、2人とも好きなキャラです。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
感想を書くこと
Prev:
夏想<カソウ>
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 7 9
11 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.