忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

演劇ちっく

NScripter製・乙女ゲー・現代学園もの・短編・難易度普通・ED複数・攻略対象3人

タイトルは「どらまちっく」と読みます。
主人公の女の子が高校演劇に参加するという内容です。

攻略対象が主人公に対して興味を持ち、恋愛対象として見るようになるまでの過程が楽しかったです。
特に部長ルートは、変化が分かりやすくて大好きです。

それぞれのキャラにはイメージとなっている花があります。花言葉を知ったとき、どのキャラも似合っていると思いました。

練習風景や舞台装置などの詳細な説明があったり、タイトル画面やエンドロールが演劇に関係していたりと、製作者の方の、高校演劇が好きだという気持ちが全体から伝わってきました。
こういったタイプの作品があるからフリーゲームは面白いのだと再確認しました。

ここからはゲーム本編の感想とは少し離れるのですが、ちなみに、自分が高校生だった頃、クラスメートが演劇部に入っていました。彼女は演技だけでなく脚本作りもしていたのですごいと思い、当時、そのことから演劇に少し興味を持ちました。

そして、夏休みに偶然放送されていた、全国大会に出場したある高校の演劇部の作品を見ました。中島敦の「山月記」がモチーフでありながらも現代の学校が舞台となっていて、コメディ要素が強く面白かったです。
一部の場面しか見られなかったのですが、最初から最後まで見たかったと思いました。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
オオカミと赤ずきん
Prev:
陰陽師
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5 7
9 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.