忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

少年少女物語

残酷描写あり・Nscripter製・ノベル・現代日本もの・選択肢なし

短編の作品が10本、長編が1本入ったノベルです。立ち絵はありません。

短編は、全体的にブラックユーモアのようなものでした。登場人物の言葉遣いが特徴的で、面白いというより怖いという印象が強かったです。
背景も変わっていて(この作品の場合背景という表現で合っているのか分かりませんが)、一部難しい内容だと感じたものもありました。

そして長編ですが、この1本だけでも読んで良かったと思いました。
周囲からいろいろと酷い目に遭わされている少女を、もう1人の少女が助けようとするという内容だったと思います。
というのも、3年くらい前にプレイして印象に残ったノベルですが、最初から最後まで鬱展開だったため読み返す勇気がなく、記憶が曖昧な部分があります。
しかし、読んでいる間は夢中になっていたため、好きな作品の1つになりました。

少女が救われるシーンまでは読むのをやめられないと考えながら夜中にプレイしていました。
そして、気がつけば夜が明けていました。朝の4時頃には、少女に対する人々の残忍さに泣いていた記憶があります。

今までにプレイしたフリーゲームの数は結構ありますが、感動したり泣きたいと感じたものはあっても、実際に泣いたのはこの1本だけだと思います(2013年5月時点での話です)。

制作者の方のサイトはこちらです。




ラストは、決してハッピーエンドとはいえません。しかし、救いはあり、安心しました。
このラストシーンに出てくる少女の考えは、普段の私とは考え方が異なります。けれども、このノベルの中の状況であれば、少女の考え方が正しいように思えました。
また、最後まで読めたという達成感がかなり強かったです。それが、この作品を好きになった別の理由でもあります。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Next:
ナノブロック
Prev:
今日は暑いです(記事とは無関係)
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
11 12 14 15
17 18 19 20 22
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/22 カミーネ]
[06/15 カミーネ]
[06/14 キョウジ]
[06/02 Low]
[04/23 さっちん]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.