忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

仮にAくんとしよう

LiveMaker製・ホラーノベル・現代学園もの・短編・選択肢あり・
難易度普通・ED3種類(真ED1種類)

冬に偶然図書室に集まった男子高校生たちが、怪談話をするという内容です。
単体でもプレイできますが、「Aくんと祭のむこう」というノベルを読んだ後にプレイすることを推奨します。その方が登場人物の把握がしやすく、END1の意味も分かりやすいと思います。
とはいっても、続編などではなく、パラレルワールドのような世界設定です。

選択肢では怪談のタイトルを選ぶようになっており、どれを読んだかによってエンディングが分岐します。
中には、「Aくんと祭のむこう」を彷彿とさせる場面もあり、感情が高ぶるような思いをしました。

ホラーといえば夏のイメージがある方が多いかもしれません。しかし、季節に関係なくホラーに触れる身としては、冬に合うホラーもあることを肯定されているような作品だったため、嬉しかったです。

登場人物が語る怪談の中では、「隣の異界」という物語が特に好きです。
全く読めなかったオチで、ドキッとさせられました。

けれども、個人的に1番怖いと思った瞬間は、END3です。
他のシーンは全てフィクションだと受け止められるものの、このエンドに近いことは現実でも起こり得るからです。実際、中学生の頃に似た出来事があり、それを思い出しました。
珍しいことではなく、同じ経験をした方は結構いるのではないかなとは思います。

制作者の方のサイトはこちらです。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
あなたといっしょに
Prev:
おつきさま
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 7 9
11 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

カウンター

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.