忍者ブログ

お気に入りと自由帳

フリーゲームを中心に好きなものの感想を書いています。 ※探索系のゲームと区別がつきやすいように、文章を読んで進めるタイプのものはアドベンチャーであっても基本的にはノベルカテゴリとして扱っています(ただし、ツクール製の場合など、ごくまれに例外があります)。    コメント返信等に関する注意書きは「はじめに」カテゴリから

飛ぶ教室

エーリヒ ケストナー・新潮文庫・2014年

ドイツの学校に通う少年たちが、クリスマスのための劇をしようとするという内容です。その過程で、様々な出来事が起こります。
2014年に出版されたものを読んだので「2014年」と表記していますが、原書自体は1933年に発表されました。

この本は、前書きが結構長いです。
このような場合普段であれば、早く本編に入って欲しいと考えます。しかし、この本に関しては、前書きを読むことで、どのような物語が始まるのだろうと期待することができました。

本編は、個性豊かな登場人物がたくさんいたところが魅力的でした。
それぞれが悩みを抱えていたり、いざこざを起こしたりします。それらによって物語がどのように展開していくのか、先が気になりました。
特に、優等生のマルティンにまつわるエピソードが好きです。ラストで、すっきりとした気分になりました。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Next:
KOKUTOU - 御伽倶楽部 -
Prev:
ヤンデレ少女と付き合うには重すぎる
Page:
Top:
お気に入りと自由帳

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 13 14 15
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/24 カミーネ]
[08/01 Fright匡]
[07/23 アングラ人鳥歌劇展]
[01/11 コロネ]
[08/29 ガムベース]

最新記事

プロフィール

HN:
須戸
性別:
女性
自己紹介:
現代日本を舞台とした創作物が特に好きです。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

Designed by 0x85ab.